TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
アルクの「GOTCHA!」に記事が掲載されました。
20171018100301 - 2

「ハマーさんが検証!60分の無料動画で英語が話せるようになるって本当?」
記事はこちらです。

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。


自分が変わる英語学習のコツ~TOEICを味方につけろ!


紀伊國屋書店新宿本店にて、3月23日(木)19時より『英語力はメンタルで決まる』刊行記念
西田大さん講演会「自分が変わる英語学習のコツ~TOEICを味方につけろ!」が開催されます。
このイベントにゲストとして参加させていただくことになりました。

詳しくはこちらのリンク先にあります。

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。




「東洋経済オンライン」に記事が掲載されました


「東洋経済オンライン」に記事が掲載されました。
「高校受験、大体の人はリスニングが盲点だ 直前対策でしっかり結果を出せる」

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。




オンライン英会話の教科書
オンライン英会話の教科書オンライン英会話の教科書
(2013/08/24)
嬉野 克也

商品詳細を見る

出版社で編集者としての仕事をさせていただくようになり4年。
TOEICをはじめ語学関連の本は、出版社や編集者からの依頼によって著者が執筆するケースがほとんど、ほぼ100%に近いです。
実際、コスモピアさんや朝日新聞出版社さん、昨年から仕事をさせていただいている中経出版さん、そして旺文社さんから僕が出させていただいた本は、すべて編集者さん、出版社さんからの依頼をいただいて書いたものばかりです。

まだ4年しか編集者としての仕事はしていませんが、この4年間で語学関連の持ち込みの企画が社内の企画会議を通過したのを一度たりとも見たことがありません。
出版社や編集者が出したいと考える企画と、著者が出したいと考えている企画には、隔たりがあることが多いからなのでしょう。

今年編集に携わった本の一例
留学しないでネイティブ英語を身につける方法留学しないでネイティブ英語を身につける方法
(2013/07/26)
有子山 博美

商品詳細を見る

CD&DVD付 ソニー創業者 盛田昭夫が英語で世界に伝えたことCD&DVD付 ソニー創業者 盛田昭夫が英語で世界に伝えたこと
(2013/07/20)
不明

商品詳細を見る

英語で読む 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本英語で読む 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本
(2013/02/16)
池上 彰

商品詳細を見る

僕は幸運でした、今まで書かせていただいた本のすべてにおいて、限られた紙面の中で存分に思いを伝えさせていただくことができたからです。

人を幸せにするために、自分のやりたいことができる。
あり得ないくらいの幸運は、ひとえに僕を支えてくださっている多くの仲間のおかげだと、今でも日々心の底から感謝をしています。

僕が「この人に本を書いていただいて、その本によって多くの人たちを幸せにしてほしい」と考える人たちが何人かいます。
そのうちの一人が、Katsuyaさんでした。

彼のブログは以前から拝見させていただいていましたが、一度レアジョブの本社でプレゼンを見たときに予想をはるかに超える衝撃・心の底から感銘を受けてしまったのです。

何より感じ入ったのは、彼の人柄でした。
誰が何と言おうと、僕は論理では動きません。
「こういう人のこんな本を絶対に世に出したい」という込み上げてくる感情が自然と溢れ出てこないのであれば、僕は絶対に良しとすることはできない、それでもKatsuyaさんの英語学習者を支援したいという情熱は否応なく僕を突き動かしました。

数日後、国際語学社の編集者さんや営業の方たちと打ち合わせを兼ねて池袋で食事をしたとき、Katsuyaさんの本を出版したいという僕の切実な思いを、たまたまやり取りをしていたある編集者の方にお伝えしたのです。

あとはあっという間でした。
本物を見抜く力に長けているベストセラー編集者は、すぐに企画を会社に提出、ほどなくしてKatsuyaさんは執筆活動に邁進することとなりました。

きっかけとなったブログの記事の秀逸さは言うまでもありませんが、出来上がった本を読んで驚嘆。
わかりやすく見やすいレイアウト、そして精製され濃度の高まった内容にため息が漏れ、魂が震えました。

この本に対する著者の思いは、以下のURLにまとめられています、是非ご覧ください。
レアジョブをはじめとするオンライン英会話に挑戦しようと考えている方、すでに利用してはいるがもう少し上手に使いこなすためのヒントが欲しい方、きっと欲しい情報がこの本の中にあるはずです。
オンライン英会話の教科書 話せるようになるための、英語学習法を立ち上げよう。

Katsuyaさんあらため嬉野克也さんのこの本を通じて、多くの英語学習者の方々が一人でも多く幸せになることを心から期待しています。
今後も「この人がこういう本を出版できれば、それを手に取ってくださった人たちが幸せになるはず」と思えるような出会いがあったならば、その時は全身全霊、全力で応援できる自分であり続けたいと思います。

“確実にスコアアップできる” TOEIC 教材チャート』はこちらです。
TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。
お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

PART 7 解法革命
新TOEICテスト 速読速解7つのルール新TOEICテスト 速読速解7つのルール
(2007/11/14)
Daniel Warriner、神崎 正哉 他

商品詳細を見る

ヒロ前田先生のメルマガ 【ダッシュで奪取】 の最新号では、PART 7の解法に対する興味深い実験と提案が特集されています。

早速ヒロ前田先生の提案を実践された素晴らしい方がいます。
そしてその結果を綴った記事を拝見し、これはもう、もの凄く革命的なことだと感動したので、少しでも多くのTOEIC学習者のみなさんにお伝えしたいと思い、今回この記事にてご紹介させていただきます。

K510さんが行った実験は以下の記事をご覧下さい。

TOEICのPart7の解き方について考えてみる
~検証編その1~


TOEICのPart7の解き方について考えてみる
~検証編その2~


早速僕も朝の通勤電車内(スタンディング)でやってみました。
もちろん周囲の人たちには絶対に迷惑のかからないように、最大限の配慮をした上で問題を解き進めています。



素材は韓国のイクフン1200問模試(2011年7月・日本未発売)のTest05(初見)を使用。
*購入方法などは、Adamsさんの以下の記事をご参照ください
韓国から本を購入する方法

問題の質はほぼ本番レベルだと思いますが、イクフン語学院のHPでは「最近のPART 7の難化に対応」と言っているので、昨年後半~現在までの問題の難易度と同等と考えて良いでしょう。
*イクフン1200問模試は、記事を書いている時点で1周終了。
公式問題集をやるのとほぼ同じような手ごたえでした。
ただし女性のナレーター(イギリス)がやや聴き取りづらく、良い負荷となりました。

自宅最寄り駅~代々木駅(約25分)+代々木駅~浅草橋駅(約18分)の、計43分かかって終了。
*会社最寄りの水道橋駅に着くまでに終わらなかったので、電車を降りずにそのまま続行しました。
また階段やホームなどでも普段は問題を解き続けていますが、今回は正確に時間を計るために演習を行いませんでした。

解き方のルールは、K510さんのやり方をそのまま使わせていただきました。
たとえばダブルパッセージの場合も両方の文書をすべて読んでから、設問と選択肢を読んで番号番に解答していきます。

全文読み+超短期記憶でリテンション”を意識して解き進めていくと、果たしてどうなるのか。

細かいことを問う問題に関しては、K510さんと同様に“10秒チラ見ルール”を適用したのですが、このルールを時々適用しないと、細かい部分を問う問題(日時や具体的な場所を問う問題など)は正解を出すことが非常に難しく感じました。

結果、2問マークミスで不正解、46/48正解でした。
*翌日Test06も同じ条件でやってみましたが、ほぼ同じ結果となりました
普段から通勤時の電車内では模試のリーディング問題を解くことが多いのですが、電車内でマークをすることは非常に難しいです。
そのため、いつも会社の始業前にデスクで正解がどれかを思い出しながらマークシートを塗りつぶしていきます。
だいたいこの作業には5分程度の時間を必要とし、丸付けに5分、合計10分程度の時間を費やします。

今回のこの解法スタイルは、リスニングの“先読みをしないやり方”と同じ方法に思えるかもしれませんが、“10秒チラ見ルール”の存在が2つのアプローチのあり方を大きく異なるものにしています
*個人的には“先読み超・必須派”です。
今回の解法も、チラ見ルールがなければうまくいかなかったはずです。

毎回試験後のTBRでは、神崎正哉先生と“どのくらい試験時間が余ったか”の話になるのですが、超プロ級の神崎先生でも全文読みを行うと毎回5~10分しか余らないとおっしゃいます。
まして素人がこのスタイルで問題を解いて間に合うはずが無い、と今までの自分は勝手に決め付けていました。

ところがやってみると意外とスムーズに進み、しかも思っていたよりも負荷が少なかったです。
そして何よりも驚いたことは、このかつて考えたことも無かった解法を使ったにも関わらず、40分そこそこでPART 7を最後までやり切れたということです。

この方法の最大の利点は、“全文を読んでいるという安心感が得られる”ので、精神衛生上非常に良い、ということに尽きます。
細切れに飛ばし読みをして、結果何回もどこに正解の根拠が書いてあるのかを帰り読みをするよりも、多少読むスピードを落としても満遍なくすべてを読む、という気持ちで臨む方がベターなのでは、と感じました。
ただし、何回も、何十回もこのやり方を繰り返して身につけてからでないと、本番で試すには勇気が
必要かもしれないな、というのが現時点での感想です。
もちろん本番で試してみる価値は大いにあるのでは、とも思います。
*ちなみに2日連続で同じ実験を行ったのですが、2回目も同じような結果となりました。

現時点でリーディングは400点以上獲れるレベルにいる方、PART 7の問題文を読んで理解することが苦にならないレベルの方に、特に適しているのではと思います。

何度も言いますが、初挑戦~730点を目指す方は、『新TOEICテスト速読速解7つのル-ル』をマスターし、PART 7用の問題集を使ってたくさん問題を解いて慣れていくのが良いでしょう。
他にも良い本はたくさんあると思うのですが、僕にとってはこの本が最高のPART 7の教科書だったので、他にもPART 7に特化した良い本があるという方は教えていただけるとありがたいです。

何よりも大切なことは、自分が良いと信じる方法をある程度の期間貫き手ごたえを感じた方法を、信念を持って実践し続けることです。

自分に合う方法は、自分にしか合わないのです。
自分に100%ピッタリ合う本も存在しません。
もしそんな本がこの世に存在したとすれば、その本は自分しか買う人がいなくなります。


自分がやってみたくなる方法を試してみる。
自分が読んでみたい本を読んでみる。
そしてそこから自分に合うものを取捨選択し、試行錯誤して自分だけのスタイルを作れば良いのです。


これからも僕が直感的に“これは凄い”と思えることは惜しみなく紹介していきたいと思います。
それが、ここを訪れてくださるみなさんへの小さな恩返しにつながると信じています。

TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。