TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第12回)



「とき表現を組み合わせろ 」
(以下はNHKの復習サイトより)

I've been cleaning the kitchen.
ず~っとキッチンの掃除をしていたんだよ。

前回学んだ「とき表現」の組み合わせに挑戦します。
例文は、「現在完了進行形」と呼ばれる形。用語も複雑だから、難解なんだろうな、なんて思っていませんか?
実はこれ、現在完了形("have been")+進行形("cleaning")の二つが組み合わさった形、と考えればとてもスッキリと見えてきます。

・現在完了形だから、「今に迫ってくる」。
・進行形だから、「生き生きした行為がわしゃわしゃ…」。

この二つを組み合わせれば、「あるわしゃわしゃした行為が今に向かってずーっと継続している」イメージになるのです。
だから、キッチンの掃除をするという行為が今までずーっと続いている、という意味になるんですね。

「とき表現」は組み合わせ、というコツさえわかれば、「未来完了進行形」など一見複雑な形も、よ~くわかりますよ。


「体感の文法 PART3」大西泰斗先生@日本青年館



今日は大西先生の授業をまたまた受けに行って参りました。今年3度目の参加となります。内容は「英語の文の4つの基本パターン+拡張5原則→固有の原則」を音読中心で進めていくスタイルです。今月で終了となってしまうNHKの「新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾」をまたもやライブで味わうことができ感無量でした。おそらく150名程度の方が参加されていましたが、今日は2回も指されてしまい、しかも2回目は立たされて「感情をこめてこのセリフを言ってみて!」なんて指示されてしまい、もう恥ずかしさも忘れて熱演してしまいました(苦笑)。あっという間の120分でした。毎週木曜日の23時10分にテレビの前で、ピンと背筋を伸ばした状態で見ているその番組からいつも、僕は夢と癒しをいただいてきました。先生の経歴は、

東洋学園大学教授。埼玉出身。筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程修了。英語学専攻。オックスフォード大学言語研究所客員研究員などを経て現職。2005年7~9月期「NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法」、2006年1~3月期「同 会話編」講師。

という輝かしいものです。しかし大西先生は留学経験も無ければ帰国子女でもないのです。それでもイギリス最高峰のオックスフォードに客員研究員として行かれているということは、おそらく常人には考えられないほどの努力がその才能の影にあったのではないかと推測することができます。それでいてそれを鼻にかけることなど微塵もなく、みんなに優しく接する先生はやはり僕の最高・最強の師匠だと再認識させられました。今日も授業の後に先生と直接お話をする機会をいただけたので、多くのヒント・気づき、そしてモチベーションを頂戴してきました。また、大西先生からだけでなく(一緒に今日の授業を受けた)大学で英語を教えている先生から「体感する☆英単語Ⅱ」というハンドアウトをいただきました。とても興味深い内容です。



新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第11回)



「とき表現」
(以下はNHKの復習サイトより)

I've drunk too much already.
(飲みに誘われた時に)もう飲みすぎているんだよ。

日本語には、「遠い過去」「近い将来」という表現があります。実は英語でも、"distant past" "near future"のように、時間の隔たりを物理的な距離で表現します。今週学ぶ原則は「ときは距離」。過去形、現在完了形など様々な「とき表現」は、そこに込められた距離の感覚をつかめばよーくわかるようになります。

例文は、現在完了形です。現在完了形には、過去から現在へ、何かが迫ってくるようなダイナミックな動きが込められています。たっぷり飲んで酔っぱらって、そして今も酔いが残っている、という、今へ迫る感覚があるから、「今も酔っぱらっていて、とても飲みにいけない」というニュアンスが出るんです。

ちなみに、
"I drank too much already."
と過去形を使うと、現在から遠く離れた地点を見ている感覚なので、「以前たくさん飲みました」ということはいえても、今の誘いを断る感じと滑らかにはつながらないのです。

このほか現在進行形など、「とき表現」の様々な感覚をしっかりマスターします。




ヒロ前田先生の第134回+第135回 TOEIC公開テストレビューセミナー



大変お世話になっている、ヒロ前田先生がメルマガ読者以外にも「TOEIC公開テストレビューセミナー」を期間限定で公開しています。僕の能書きなど全く必要ないと思いますので、是非ダウンロードして聞いてみてください。きっと多くのヒントやストラテジー、そしてモチベーションをいただけるはずです。


新TOEICテスト「直前」模試3回分 第2回模試 PART1~7(3回目)



今日は2週間ぶりの休みでした!小田急線を使って新宿へ向かう途中、人身事故発生。ロマンスカーの中で約1時間ほど足止めを食らいましたが、その間にまずはReading100問をやり、帰りの車内では中村澄子先生の「1日1分レッスン!新TOEICTest」を2周やり、最後に 本厚木のマックでListening100問をやりました。結果は、

PART1 10/10
PART2 28/30
PART3 29/30
PART4 28/30
(Listening Total 95問正解/100問中)

PART5 39/40 
PART6 11/12 
PART7 47/48 
(Reading Total 97問正解/100問中)

*「勘BOX」使用問題(消去法利用もしくは自信が無くチェックを入れた問題で正解したものを不正解とするルール)→0問

またしても100問完全正解はならず・・・甘くないですね、やはり。いよいよ「3回チャレンジ法」もあと模試1回分で終了です。結構あっという間の1ヶ月でしたが、模試の活用の仕方が身についた感があります。これが終わり次第「Z回無料模試」が先日送られてきたのでチャレンジしようと思います。


新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第10回)



「配置を変えるということ」
(以下はNHKの復習サイトより)

You, I could hug light now!
(ありがと!)抱きしめてやりたいキモチだよ!

上の例文は、ふつうの語順だったら
"I could hug you light now."
になります。

でも、"you"を前に出して、例文のような語順にすると、本当に感謝しているんだよ、という気持ちの高ぶりを込めることができるのです。
今回学ぶのは、「不安定な感情」という原則です。今まで、英語は配置の言葉だということを強調してきましたが、それだけに、いつもと違う語順にするだけで、その文に「感情のゆれ」を込める事が出来るのです。これがわかれば、感嘆文、疑問文の感覚もわかります。

感嘆文がいわゆる「倒置」の形なのは、感動するなど心が動いているから。疑問文が倒置の形になるのは、「これを知りたいな…」という「不安定な感情」が込められているから…。

今回は、文に「不安定な感情」を込めることで、表現を豊かにしていきましょう。


新TOEICテスト「直前」模試3回分 第1回模試 PART1~7(3回目)



「3回チャレンジ法」もようやく最終周に入ることができました(すでにこの模試を始めてから1ヶ月が経過)。
第1回模試(3回目)の結果は、

PART1 10/10
PART2 29/30
PART3 29/30
PART4 28/30
(Listening Total 96問正解/100問中)

PART5 39/40 
PART6 11/12 
PART7 47/48 
(Reading Total 97問正解/100問中)

*「勘BOX」使用問題(消去法利用もしくは自信が無くチェックを入れた問題で正解したものを不正解とするルール)→0問

3回目でも満点獲れずでした。復習を完璧にしたつもりでもまだまだ甘かったということですね。もちろん得るものは多く、自分なりのストラテジーとして、

①PART2:日本語に一切置き換えない
②PART3~PART4:Questionsと選択肢を「なるべく読まない」
・PART7と同じく読む必要の無い部分は読まない(例)According to the~の部分など
・「選択肢を縦に読む」の徹底
以上の点に留意し、先読みの負担を出来るだけ小さくし、「なるべく簡潔な日本語に置き換えて」Questionをリテンションする


以上の方法が自分には合うことが分かりました。徹底した演習の繰り返し+復習から得るものって大きいですね。

新TOEICテスト「直前」模試3回分(2回目)を復習中



現在「3回チャレンジ法」3回目に突入すべく、2回目の復習をコツコツと進めている最中です。仕事の休みも相変わらず無いままなのですが、ようやく明日3回目を実施することが出来そうです。現在学習している内容をまとめてみると

①新TOEICテスト「直前」模試3回分
②TOEIC TEST究極単語(きわめたん)Advanced 2700 目指せ!スコア750-900突破
③新TOEICテストコーパス英単語―新TOEIC教材No.1著者直伝!
④TOEICテスト 600点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語861と英熟語588
⑤ 1日1分レッスン!新TOEICTest
⑥究極の英語学習法K/H System (入門編)
⑦DS TOEIC TEST

上記の7種類の参考書を同時に進めています。①と⑥は机に向かってじっくりと。②はPSSというフリーソフトに問題を全て入力しておいたものを使い、4択問題にして1週間で1周。③と④は炊事・洗濯・食事・通勤中にずっと聴き、⑤は電車内で何回も回しています。⑦も1日5分程度ゲーム感覚で続けています。

最近、仕事に行く前にListeningをやるようにし始めたのですが、朝と夜では集中力の差が歴然としている感がありますね。Readingは朝でも夜でも大差ないですが、Listeningは絶対に朝(午前中)やった方が効率が良いことに気が付きました。夜にやって出来なくて落ち込むより、朝やって出来て気分が良いまま仕事に向かうほうが精神衛生上も良いですよね。

新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第9回)



「足りない関係詞修飾」
(以下はNHKの復習サイトより)

This is the girl who Jim loves.
この子がジムの好きな女の子だよ。

上の例文の"Jim loves"という部分に注目してください。
ここだけを文として取り出すと、ジムが誰を好きなのか、という情報が足りませんね。

ネイティヴは、この文を聞くと、
"This is the girl who Jim loves ■."
のように、"loves"の後の"■"の部分に「ギャップ(足りないという感覚)」を感じます。そして、そのギャップを、前に出てきた"the girl"が補っていると理解するのです。

この足りないという感覚が、「ジムが好きな」⇒「少女」という修飾関係をガッチリ結びつけているのです。ほら、先週学んだ「足りないをおぎなう」という原則が、ここでも活躍しているでしょう。
whoは、「このギャップが人であること」をはっきりさせて、ギャップをスムースに埋める手伝いをしています。

今回は、この「足りないをおぎなう」原則で、関係詞修飾の感覚を身に付けていきましょう!