FC2ブログ
TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
イギリスからのメールとTOEIC Speaking and Writing Tests
TOEIC SW

先日、イギリスの大学院で学んでいらっしゃる方からメールをいただきました。このブログを読んでくださっている方で、以前もコメントをいただいたことがあります。遥か遠く、憧れの国で、たった1人でとてもがんばっていらっしゃる方です。“がんばっている人”にこんなふうに思われているなんて、もう、何といいますか、もっともっと自分のレベルを上げなくては失礼だな、もっともっと本気で学習しなければ失礼だな、と思いました。そして同時に、少しでも自分の存在が役に立てているのであれば、こんなに嬉しく、幸せなことは無い。人が喜んでくださる、共感してくださる姿を見る・知ることに、生きる意味といいますか、何か報われるものを感じる気がします。今回このメールのことを記事にしようと思ったのは、この方の一言に、気づきをいただき、もの凄く共感したからに他なりません。しかも、あの杉村太郎氏のプレゼンスに通っていらっしゃったとのこと。共感できるのも当然です、心の師が同じ人なわけですからね。

「私は何かが目的で英語を始めたのではなく、英語を始めてみたら目的が少しずつ増えてきたのを感じています。英語が私の周囲の人との出会いや仕事や環境を少しずつ変えてくれて、気がついたら今イギリスで勉強させてもらっている…。英語に本当に感謝しています。」

この部分、僕の思いに完全に合致しています。特に目的も無く、軽い気持ちで取り組み始めたTOEIC学習ですが、僕も目的がドンドン増えてきました。素晴らしい人たちとの出会いの回数も増え続ける一方です。僕も英語に、TOEICに本当に感謝しています。

(以下はいただいたメールからの抜粋です)
私は今イングランドの大学院で翻訳学を学んでいます。
今日は初雪が降りました。こちらも劇寒(笑)です。

HUMMERさんのサイトに書き込んだ日は初めての英語のプレゼンを控えていて(授業での短いものですが…)眠れない夜が続いていました。
無事昨日終わりました。
コースメイトがwelldoneと頭をなでてくれました(笑)
私はクラスの中でも英語レベルが低いので、いつも苦労しています。
この後も長いエッセイが数本控えています。

HUMMERさんのサイトは、昨年9月からずっと拝見しています。
私も当時TOEICの壁が破れずずっと苦しんでいました。
コツコツと努力されるブログにいつも励まされ尊敬していました。
なので、970点を取られた時は、結果を開いて自分のことのように背中がゾクッとしたのを覚えています。
英語の壁を越えた瞬間を目の当たりにして感激しました。

私自身、4年前からやりなおし英語を始めたのですが、
TOEICがなければここまで続かなかったと思います。
そのくらい英語というのは自分の進歩を実感することが難しいものですよね。
TOEICが上がるたびに「大丈夫、少し前に進んでる。」と自分に言い聞かせてきました。
そして最初の2年間は、本当にほとんどTOEICのために英語を学習していました。
外国人の友人がいるわけでも仕事で使うわけでもありません。
800点をとって間も無い頃、友人に誘われて英会話喫茶に行ってみたら、一時間で一言も話せずに帰ったのを覚えています。

その後使える英語を少しずつ身につけたいという思いで英文事務の仕事を始めました。
今でも使える英語とはまだまだ呼べませんが、
スポーツと同じで使っていると慣れてきた部分もあり、
今英会話喫茶に行けばあの頃よりは少しは話せると思います(笑)

HUMMERさんも同じようなことを考えられているかもしれませんが、
私は何かが目的で英語を始めたのではなく、
英語を始めてみたら目的が少しずつ増えてきたのを感じています。
英語が私の周囲の人との出会いや仕事や環境を少しずつ変えてくれて、
気がついたら今イギリスで勉強させてもらっている…。英語に本当に感謝しています。

昨年の夏は、杉村太郎さんが主催しているプレゼンスの英会話コースにも参加しました。
その時も担当のコーチが同じようなことを言われていました。
英語を身につけてから世界が変わったと。
クラスの人達も英語で世界を変えようとしている方たちがたくさん来られていて随分影響を受けました。

(今留学しているのも、プレゼンスの影響があったと思います。)

今、本当に思うのですが、英語環境にいたから自然に話せるわけではなく、やはり自分の中にストックがある言葉しか話せません。
だからついつい同じ言い方ばかりをしてしまいます。
外国にいる今だからこそ英語力をつける勉強のためにきちんと時間を取らないといけない…と日々実感しています。
もちろん気持ちで伝わる部分は大きいのですが、会話が表面的なことで終わってしまうのでいつも悲しく思うのです。

HUMMERさん、私もがんばります。
ここでの勉強を乗りきれるように、
きちんと使える英語を身につけるように、
そして帰ったらTOEIC900点、990点を目指せるように

(いただいたメールからの抜粋ここまで)

日曜日に、TOEIC Speaking and Writing Testsを受験してきました。“英語を話すこと、英語で書くこと”は僕にとってはメチャメチャchallengingな領域です。今まで躊躇し続けたこの領域に、こうして踏み出すことが出来たのも、周囲の学習仲間や先生方のおかげです。ちなみに、今回受けた試験の結果は非常に厳しいものになりそうです。先月の11月11日に受験をすることを決め、学習期間は約1ヶ月でした。使用した参考書は「TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド」1冊のみです。正直1ヶ月ではどうにもなりませんでした。非常に悔しいのでもう一度挑戦します、でも、試験自体は本当に面白かったです。Speaking and Writing Testsで満点を獲りたくなりました。来年もう一度、絶対に受験します。2009年の目標、2つ目の目標が出来ました。

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります。宜しくお願いします。


人気ブログランキングへ