FC2ブログ
TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
「99%捨て、1%の本質をつかむ」
起きていることはすべて正しい 

2008年は非常に恵まれた、幸運な1年になりました。
いくつか挙げてみます。

・TOEIC学習を進めていく過程で出会った素晴らしい先生方、そして学習仲間のみなさんとのつながりを持つことができました
・念願のTOEIC900点突破に成功しました
TBRに出演させていただきました
AERA Englishに学習法を掲載していただきました
・肉体改造に成功しました(身長172cm 体重72kg 体脂肪率18%→体重58kg 体脂肪率9%)


学習仲間のみなさんのブログの記事に、コメントがしたくて仕方が無いくらい感じるものがいっぱいあったのですが、先に新年のご挨拶も兼ねて自分のブログの記事の更新を行うことにしました。
昨日の元日は、TBRの掲示板でも宣言したのですが、早速マックで(町田ではなく小田原にしましたが)学習初めを行いました。
持ち物は、

AERA English 2月号
起きていることはすべて正しい
ロングマン英英辞典
東大合格生のノートから生まれたドット入り罫線ノート
・筆入れ


以上です。
あえてTOEIC学習の教材を今回は持って行きませんでした。
僕はTOEICが大好きなので、マックで勉強するときには、必ずTOEIC関連の書籍を持っていくのですが、ちょっと気分転換をしようと思いまして上記のものだけを持参しました(帰宅後に、きわめたん・リスニングBOX・英単語スピードマスターで学習をしました)。
僕は読書をほとんどしません。
理由は簡単で、本を読む時間があるならば、その時間をTOEIC学習に使いたいとい考えているからです。
でも、今年は読みたい本があれば読もうと思います。
その分の時間を捻出すれば良いだけの話です。
起きていることはすべて正しい」はTEX加藤さんがブログの記事にされた時から気になって仕方が無かったので購入しました。
今年最初の記事のタイトルは、「起きていることはすべて正しい」の中にある教えです。
昨年も自分では結構、無駄な時間を省いた生活を送るようにこころがけていたつもりでした。
ケーブルTVを解約し、TVを観ないことにしました。
記録したわけではありませんが、おそらく月に2時間程度の視聴時間だったと思います。
K-1、DREAM(総合格闘技)、ボクシング、大西泰斗先生が出演される番組(英語でしゃべらナイト)以外はほとんど観なかったと思います(あ、「夢をかなえるゾウ」も観ていました)。
音楽は結構好きなので、ブログの記事を書いたり、コメントを書いたりする間だけ聴くようにしています。
それでもまだまだ時間を活用し切れていないと感じています。
今年は、99%の捨てるべきものをスパッと捨てて、1%の本質をつかむ生き方をしようと思います。
そして、以前僕が影響を受けた記事をつい先日発見しました(記事の最後に転載します)。
今年を昨年以上に素晴らしい1年にするために、あるがままを受け止めながら愚直な努力を継続していこうと思います。
そして何よりも、お世話になっている学習仲間のみなさんや先生方とのつながりを1番大切にしていきたいと思います。
昨年は言葉では言い表せないくらいみなさんにはお世話になりました、今年も今まで同様に宜しくお願いいたします!

(以下はYahoo!知恵袋からの転載です)
問:日本にいながら英語ペラペラになるには?
ベストアンサー:hoshihanatsukiさん

カナダ在住のものです。
私も10年以上前に、死ぬほど英語の勉強をしたのでアドバイスさせてください。
(今は仕事も、家庭内も英語です)
カナダには日本からの移住者がたくさんいます。彼らの多くは30年も40年もカナダにいますが、英語はハロー、イエス、ノーだけで生活しています。移住者どうしで助け合って生活すれば、日本語だけで生活できるから、英語の勉強をする必要がなかったからです。
一方、私がよく知っている中国人の友達(広東省在住)は、今でも中国から一歩も外に出たことがないのに、日本語と英語がペラペラでした。英語なんか私の発音を矯正してくれるくらい。さすがに日本語だけは私の方がちょっと上手かな…?と思うような女の子でした。
つまり、外国語ができるかどうかなんて、必死で勉強するかどうかの違いだけですよ
家を一歩出れば英語だけの社会に住んでいても、いつまでも日本語だけで生活する人が多く、逆に英語なんか誰も話さない環境で住んでいても必死で勉強して人に教えるほどのレベルにもなれる。

「必死に勉強する」というのは、覚悟がいることですよ。「必死」なんですから。
「英語が話せるようになりたいな」と思っているだけじゃ、いつまでも上達しません。「願望」は「意志」ではないんです。


さて、本気で英語を習得したいなら、これを読んだ瞬間に「英語を習得するぞ!」と決心して、その決心から絶対に目をそむけないことです。
今すぐに英語の本を開きましょう。
明日の朝から毎日6時に起きて、ラジオ英会話の聞き書き(ディクテーション)をしてください。
聞くだけではだめですよ。聞くだけで勉強しているつもりの人は、死ぬまで英語なんかできません。
語学の取得はそんな簡単なものじゃないです。人生を変えるつもりで臨まないとだめです
学校に行く途中は単語帳を開く。英語で書かれた小説を読む。英英辞書を読む。読んで毎日10単語覚える。授業の合間も読む。授業中のノートに落書きも英語で書く。授業が終わってバイトに行く時も単語帳、英英辞書を開く。(運転するならダメですよ)
帰宅したら、ビジネス英会話を書き取る。耳で聞いたことは、ディクテーション。書き取ることで、音の繋がりが分かるし、文章の意味も分かります。
書き取れない単語があるときは、その単語を聞く耳が育ってないということ。聴き取れない単語は正しい発音なんかできないんですよ。
そして、英語で考える。脳内翻訳している間は、会話なんか夢のまた夢です。
「危ない!」と言わると、とっさに身構えるように、言葉に「反射」できないとだめです。
日本にいようと、英語圏に留学しようと、いずれにせよ必死に、寝食の時間を削ってでも勉強するしかないんです。
がんばってください!
(転載ここまで)

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります。宜しくお願いします。


人気ブログランキングへ