FC2ブログ
TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
TOEIC Speaking and Writing Testsの結果
20090105 TOEIC SW-4-2
(TOEIC Speaking and Writing Testsの構成)

「私もたとえ惨敗しても報告します。TEX加藤 | URL | 2009/01/05/Mon 22:44」
TEX加藤さんのブログ内でのコメントです。”たとえ惨敗しても報告します”・・・とおっしゃっていたことが忘れられないので、受験したことを無かったことにせず、僕も報告します。

さて、あらためまして、先月初めて受験しました、TOEIC Speaking and Writing Testsの結果のネット発表がありました。11月に受験を決意し申し込み、約1ヶ月間の学習期間で臨んだTOEIC Speaking and Writing Tests、今まで最も苦手意識の高かった分野への初挑戦です。
使用した対策参考書類は

TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド
英語のバイエル
Lang-8
3つを学習の中心におきました。

TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド→通常のTOEICで、公式問題集をキッチリ学習する大切さが身に染みていますので、まずは模範解答通りに答えられることを目標に学習を進めました。結局1ヶ月で1周するのがやっとでしたが、敵を知る・本番を知るという点において、この本を中心に据えたのは正解だったと思います。次回は年内にまたチャレンジする予定ですが、それまでにまた何周もする必要のある必須の本だと思います。良い評価がつく例とあまりよく評価されない例が非常にたくさん収録されているのですが、評価されない例は役に立ちそうもないと考え、最も評価される例の真似が出来るようにS/W共に練習をしました。それとSpeakingテストの解答例は音声のみの収録になっていて、スクリプトがありません。何を話しているかよくわからない部分は何度も繰り返して聴き文字におこし、後述するLang-8を使って添削していただいた英文を話せるようにしました。

英語のバイエル→200の例文が6つのパートに分かれてCDに収録されています。毎日少なくとも2パートを1.2倍速でリッスン&リピートしました。掃除、洗濯、買い物への行き帰りなどは、ずっとリッスン&リピートをしていました。例文が精選されているだけでなく、クリス・マクベイ先生を始めとするナレーターの感情が非常に例文にこもっているので未だに全く飽きを感じさせません。大西泰斗先生のHPによるサポートも万全なので、今後も引き続き日々リッスン&リピートしていくつもりです。バイエルのおかげで、英語に感情を乗せて話すイメージをつかむことができました。この本はSpeakingテスト対策としてだけではなく、すでに日常生活の一部になっている状態です。

Lang-8は自分が書いたセンテンスを世界各国の学習仲間が無料で添削をしてくださるSNSです。以前atussyさんrincoさんがブログの記事で紹介されていたのを拝見して気になっていたのですが、今回ようやく取り掛かるきっかけができました。アメリカ、カナダ、台湾、韓国、インドネシア、香港、シンガポールの方々、約20名近くのみなさんが、毎日親切丁寧に僕のかなりイマイチな英文を添削してくださいました。Lang-8を始めるまでは英文ライティングをやったことが無かったので(英検の受験経験もありません)センテンスとセンテンスの間は2文字分空けることですとか、Andで文を始めないようにするなどといった基本的なことも、海外のみなさんに教えていただいて初めて知りました(苦笑)。試験が終わった今でも、毎日必ず何かを英語で書くようにしています。それと、アメリカに住んでいらっしゃる韓国の方に英語を教わる代わりに日本語の添削をしているのですが、なんと日本語学習開始からわずか4ヶ月で漢字を交えた日記を普通に書けるようになっただけでなく、かなり上手に日本語を話せるようになられたんです。最近はYou Tubeで日本語を話す様子をアップされていらっしゃるですが、その流暢さに感動すら覚えました!僕がその方と添削のやり取りを始めた頃は、ひらがなオンリーで助詞もめちゃめちゃだったのですが、毎日休まずに日本語で日記をつけ、話す練習を続けることにより、わずか数ヶ月でここまでレベルアップが出来るということをリアルタイムで拝見することが出来、大変刺激になりました。“日本人は英語が出来ない”と、言われて久しいですが、要は努力出来るかどうかの問題だということが身に染みてわかりました。

また、今回TOEIC Speaking and Writing Testsを受験するに当たり、kawahiroさんのTOEIC Speaking and Writing Tests受験記を参考にさせていただきました。TOEIC Speaking and Writing TestsのHPにも、かなり親切丁寧にシミュレーションを交えた受験案内がありますので、受験される方は参考にされると良いと思います。

TOEIC Speaking and Writing Tests
・各200点満点
・Sテスト→8段階評価
・Wテスト→9段階評価

今回の結果
20090105 TOEIC SW-1-2

20090105 TOEIC SW-2-3

20090105 TOEIC SW-3-3

Speaking
140/200
レベル8段階中6
Writing
170/200
レベル9段階中8


以上でした。発音にHIGHがついたことが嬉しかったです。WritingはLang-8のみなさんのおかげです。ともかく、これでTOEIC Speaking and Writing Testsのスコアを持つことができました。小さいながらも達成感を感じることができました。

今年の目標は
TOEICで990点を獲ること
TOEIC Speaking and Writing Testsで満点を獲ること
以上2つを必達と考えています。
TOEIC Speaking and Writing Tests、挑戦して本当に良かったです!きっかけや受験当日のエピソードなどに関しては、また時をみて記事にしたいと考えています。

(追記)
神崎正哉先生
新東京都民さん(Tommyさん)
ウイットロック慶子さん
にお会いしてきました!

神崎先生とは伊勢原駅前の喫茶店「小公子」で、1月3日にお時間をいただきコーヒーを飲みながら談笑。神崎先生は現在恐ろしいくらい大量のお仕事を抱えていらっしゃいます。多忙にもかかわらず、お付き合いいただけて非常に楽しかったです、ありがとうございます!
Tommyさんとは昨日新宿で飲みました!西口の素敵なお店に連れて行っていただき、アイリッシュ・パブへはしご、約4時間ほど色々とお話しすることができました。Tommyさん、また飲みましょう、お付き合いいただいてありがとうございました!
そして、ウイットロック慶子さんPTL英会話には本日アポ無しで訪問してしまったにもかかわらず、明るく丁寧に対応していただけて嬉しかったです。授業中でしたのですぐにお暇しました。今度またお時間があるときにお話できればと思います!

今週末は今年最初のTOEICですね!受験される方がベストを尽くせることをお祈りしています。

Hyper Pyper PTL January 2009
Sunday, 11th, 7pm – 9pm
Topic: TOEIC January 2009
Special guests:
Yujiro Tsuneno (TOEIC 満点劇場 e-tsune)
Morite2 (TOEIC 満点&アメリカ移住への道)
Tommy (TOEIC A GO! GO! 目指せTOEIC900点の道!)
TEX Kato (TOEIC連続満点サラリーマンのブログ)
Keiko Whitlock (もうすぐTOEIC990満点講師☆ウィットロック慶子)
Tetsuya Hanada (花田のTOEICブログ)
Aahya (えいごろりん)
pyper (Morite2’s girl friend)

放送用URL:
http://203.131.199.132:8180/TBR.m3u    
放送時間にアクセスすると聞けます。   

BBS:
質問受付用スレッド
Hyper Pyper PTL January 2009というタイトルのスレッドです。TOEIC公開テストに関する質問を受け付けます(日本語可)。

今回の放送はウィットロック慶子さんのご好意により、三鷹のPTL英会話よりお届けします。

花田塾直前対策講座 締め切り間近!!!
(花田のTOEICブログより抜粋)

日時:
1月10日(土)  9:30-13:00 TOEICリスニング
1月10日(土) 14:30-18:00 TOEICリーディング
場所:
ハロー会議室(JR新宿駅西口徒歩1分)
http://www.hanadajuku.com/list/access.html 
内容: 先ずリスニング・リーディング各50問をクラス内で解いていただき、その後、花田が解説をいたします
費用:
9,000円 (リスニングのみ、もしくはリーディングのみ)
14,800円 (リスニング&リーディングのセット)
ご興味のある方は、hanada.cadiz@k6.dion.ne.jp 宛てに
①ご氏名
②お電話番号
③ご希望のクラス
をメールにてお知らせください。拝受いたしましたら、こちらから折り返し
お申込み手続きの案内を差し上げます。
お申込みは1月8日(木)まで受付けさせていただきますが、定員となり次第
締切りとなりますので、予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

(以上、TOEIC Blitz Blogより転載しました)


お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります。宜しくお願いします。


人気ブログランキングへ