TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
「人生は、今の連続でできている」
au1

人生初、今回初めて、アジア以外の英語圏の国・オーストラリアのシドニーへ行ってきました。
シドニーには、学習仲間のしゅうさんが現在留学中です。
向こうでは観光の案内をしていただいたり、一緒に食事をしたりと、大変お世話になりました。
ホテルのロビーで久しぶりにしゅうさんにお会いしたとき、本当に感激しました。
豆太さん主催の「しゅうさん壮行会」の時に僕があげた帽子を、しゅうさんはかぶってきてくれました。
あれからおよそ5ヶ月、こうして異国の地で再会することができた喜び・・・。
まずはホテルから歩いて行ける距離のシドニータワーに行くことに。
シドニー市内が一望できます、最高の景色です。
そういえば、滞在中、一度も雲を見ることがありませんでした。
4日目に訪れたブルーマウンテンには、有名な「三姉妹の岩」があるのですが(時々霧に隠れて見えなくなってしまうそうです)おかげでバッチリとその全景を拝むことができました。
しゅうさんにオーストラリアのお勧めの料理を聞いてみたのですが、何故か韓国料理のお店に連れて行ってくださいました。
たまたま僕の滞在したホテルの近くにそのお店はあったのですが、かなりの人気店のようで、韓国系の方々を中心に大勢の人でごったがえしていました。
そこで食べたプルコギは筆舌に尽くしがたい程の美味しさでした。
韓国に行ったときはあまり時間的余裕がなくプルコギを食べる機会も無かったのですが、あまりにもそのお店のプルコギが美味しかったので、また韓国に行きたくなってしまいました。
色々とつもる話をしているうちにあっという間に時は過ぎ、大分遅い時間になってしまいました。
セントラルステーションまでしゅうさんを見送りにいき、その日はそこで別れました。
2006年に英語学習を始めるまでは“海外に旅行に出かける”という発想すらありませんでしたが、英語に日々触れるようになってからは、積極的に海外に出かけるようになりました。
シドニー、最高でした
レストランやスーパーの店員さん、現地の方、観光客の方・・・色々な国の方々がシドニーにはいらっしゃいました。
白人の方はもちろんのこと、黒人の方、インドの方、韓国や中国などのアジアの方、そして日本人の方・・・みなさん本当に親切と言いますか、笑顔で丁寧に接してくださったのには驚きました。
日本でも基本、人と接する上であまり嫌な思いをしたことはありませんが、人の温かさを感じる機会が非常に多い、本当に素晴らしい旅となりました。
またいつか行ってみたい場所が増えました。

今回の記事のタイトルは、最近読んだジェームズ・アレン(「原因と結果の法則」が有名ですね)の本の題名です。
この本に出会う以前から、僕は“今”を大切にしようと心がけているつもりでした・・・が、人は忘れてしまう生き物です
日々このことを意識し、1日1日を大切に生きること
そしてこの大切な1日を素晴らしいものにしてくれる周りの仲間に感謝し、感謝の気持ちを伝えていこうとすること
自分の出来ることなんて、とてもちっぽけなことかもしれなくても、それでも出来うることは全て出し惜しみなくしていこうと意識するということ
今回のしゅうさんのように、いつのまにか僕の周りには素晴らしい学習仲間がたくさんいてくださっています。
直接こうしてお会いできる学習仲間のみなさん、ブログを通じてやり取りをしてくださる学習仲間のみなさん・・・英語の勉強を始めて、およそ3年が経ちます。
たった1人で始めたTOEIC学習ですが、いつの間にかこんなに素晴らしい・恵まれた環境にいられるところまでたどり着きました。
1日1日を大切にし、出来得る限りのことをやり、ベストを尽くすこと
うまくいったことも、うまくいかなかったことも、全ての原因は自分にあると認識し、失敗を反省・復習し、必ず次へと生かそうと意識するということ
これからも単純で当たり前のことを大切にして、それを毎日継続しつつ過ごしていこうと思います。
やりたいことが多すぎて、ちょっと時間が足りていませんが、好きなことに取り組むことができているこの環境に感謝しなくてはいけません。
ストイックな修行僧の気分でいた頃もありました。
TOEICの勉強が楽しい
とは、あえて考えないようにしていた時もありました。
スコアが伸びなければ意味がない、結果が全てだ
と信じていた頃もありました。
でも、スコアと同じくらい大切なこと、いや、スコアなんかよりも、もっともっと大切なことがあること に、いつしか気づきました。
実際に会って一緒に過ごしてくれる学習仲間、そしてここに来てくださる学習仲間・・・。
これからもこうしてつながりを持てるようになった学習仲間を、何よりも大切にして生きていこうと思います
そんな仲間のみなさんがいて下さるからこそ、TOEICのスコアも上がりましたし、思いもしない付加価値を手にすることが出来ているのですから。
今は、英語学習をすることができるという素晴らしい環境を、メチャメチャ楽しんでいます

8月12日(水)
・夕方に成田を発ちシドニーへ(約9時間のフライト)
・機内では明日からに備えて睡眠をとる

8月13日(木)・朝7時頃、キングスフォード・スミス空港に到着、シドニー市内へ移動
au2
・ハーバーブリッジ、オペラハウス付近を観光
・午後にホテルにチェックイン、その後ホテルのロビーにてしゅうさんと合流
・シドニータワーに登る
・しゅうさんお勧めの韓国料理店にて食事
・セントラルステーションにて解散

8月14日(金)
au3
・朝6時過ぎにホテルを出発
・ワイオングにて休憩
・ポートスティーブンス到着
・ネルソンベイより出航、ホエールウォッチング
・下船後、ストックトンビーチに移動
・ポートスティーブンスのワイナリーに立ち寄り見学
au5
・野生のコアラを探す(1頭発見)
・ワイオングにて休憩
・夕方6時過ぎにホテルに到着  
・オージービーフを食べたくなり、ホテル近くのパブへ
・激安ステーキ($9で生ビールつき)をいただく、結構美味しかったです
au6
・その後しゅうさんお勧めのマックへ(クォーターパウンダーのセットをいただく)
・スーパーにてお菓子などの買出しをする、その後ホテルへ

8月15日(土)
・朝7時過ぎにホテルを出発、ブルーマウンテンへ
・エコーポイントにて休憩
・シーニックワールドにて観光
au7
・ダーリングハーバーにて軽食、その後ワイルドライフワールドへ
au8

au9
・ブルーエンジェルレストランにて晩御飯
au11
・ミセスマッコーリーズポイント付近を観光、その後ホテルへ
au12

8月16日(日)
・朝5時起床、5時30分にホテルをチェックアウトして空港へ
・空港内の売店で朝食(パン+エスプレッソ)
・午後6時頃成田着、空港にて晩御飯、その後高速バス→小田急線を使い帰宅

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります。宜しくお願いします。

たかが紙切れ1枚のために・・・
147回スコア1147回スコア2

・・・そんな感じで今日は寝ます。昨夜は辛くて眠れなかったもので・・・。でも、もう吹っ切れましたよ。
Oおじさんの記事より)

たかが紙切れ1枚のために、夜、辛くて眠れない人がいます
僕はそういう人を応援したいです
僕がそういう人だからです
そしてそんな紙切れ1枚のために本気になることが出来る人たちと、
僕は仲間になりたいです

僕は仲間でありたいです

先日、Morite2先生のセミナーに参加しました。
授業内容はもちろんのこと、そこに超・ボリュームのあるスペシャル・ハンドアウトも加わり、TOEIC学習に取り組む上で必要であろう全てのエッセンスを詰め込めるだけ詰め込んだ、非常に凝縮された・恐ろしく濃い内容のものでした。
微に入り、細にわたる部分まで練りに練られた極上の内容です。
他の多くの先生を知っているわけではないのであくまでも参考書や問題集との比較になってしまいますが、ここまで無駄を一切排除し、実戦に即・対応できるレベルの内容を提供できる方はなかなかいないのではないのでしょうか。
まだまだ僕のレベルでは知らないこと・あやふやな部分も多いため、TOEIC全パートに対してのスタンスも含め、多くの気付きをいただくことができました、参加して大正解でした。
Morite2先生のブログへコメントをされた方の中に、僕と同じような感想を持たれた方がいらっしゃいましたのでここであらためて紹介させていただきたいと思います。

率直に最高の内容だと思いました。いろいろTOEICの講習や学校に行きましたが、現在、TOEICの戦略を教える先生方の中では最高レベルと思いました。最近の傾向、問題点など『生徒側の視点』で教えることをなさっているという点では、森田先生が最高だと思いました。さすが予備校で教えているだけあってすごく熱意があり親切でわかりやすかったです。ブログをご覧の方々には先生のDVDや本が出たら文句なしにオススメします。」(KSさん

冒頭の“辛くて眠れなかった”Oおじさんも、前日から新宿に泊まりこみ、このセミナーに参加されました。
セミナーの後、Morite2先生、花田先生しまふくろうさん、Oおじさんと一緒に昼食をとりながらお話をする機会がありました。
そこで気付いたこと。

凄い人たちは何故凄いのか
凄い人たちは立ち止まりません、後ろを振り返りません
貯金を食いつぶすような生き方もしません
常に前へ、前へと歩み続けています

TBRの時に拝見する機会がありました。
Morite2先生も花田先生も、試験後の分析がもの凄いです、質・量ともに尋常ではありません(その点に関してはTEXさん も同様で、有り得ないくらいの情報をビッシリとノートに書かれていました)。
花田先生の受験票はいつも、試験後にメモした文字で裏表が真っ黒です。
これだけ凄い先生方であれば、今までの貯金だけでも十分に食べていけるであろうにもかかわらず、決してあぐらをかかずに学び続ける・研究し続けるという姿勢を持っていらっしゃるということ。
僕もいつかそんなレベルになって、人にTOEICを教えることができれば楽しいだろうな、なんてふと思ってしまいました。

先日、学習仲間との勉強会中に「英文法出るとこだけ!」で1問、僕が解説することのできない問題が出てきてしまいました・・・以前何回も、何十回も繰り返して使った問題集なのに、答えは分かっていても即興で説明できない問題が存在するということ・・・知らず知らずのうちに貯金に頼っている自分・・・謙虚に、そして丁寧にもう一度取り組んでいかなければ、と深く反省する良い機会となりました。
甘い、甘いなぁ、自分
今持っているスコアうんぬんではなく、今を精一杯努力しようとする姿勢がある人たちからの刺激は最高です。
ブログをやっているおかげで、学習仲間の努力・姿勢、そして今持っている思いをダイレクトにうかがい知ることができ、それが自身のモチベーションへとつながる最高の起爆剤になっています。
また、英語力向上という面においては、神崎先生をはじめ、僕をさらに上のステージに引っ張りあげて下さるような凄い方たちが気にかけて下さっていることに心から感謝しています。
本当にありがたいことです。
英文を毎日少しでも良いから、と書き続けて9ヶ月。
これからも、もちろん続けていくつもりです。
そういえば最近は名古屋の学習仲間のみなさんが特にアツイようですね、負けられません。
僕もがんばらなくては!

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります。宜しくお願いします。