FC2ブログ
TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
リーディングで満点を獲るための戦略~PART 7対策の基礎~
新TOEICテスト 速読速解7つのルール新TOEICテスト 速読速解7つのルール
(2007/11/14)
Daniel Warriner、神崎 正哉 他

商品詳細を見る

HUMMERさん、俺の本の中で、HUMMERさんはどれが一番お薦めなの?

7月24日、TOEIC後の夜9時半過ぎ。
神崎正哉先生のご自宅から幕張本郷駅に向かうまでの道すがら、こんな質問を受けました。

「色々ありますが、実は結構好きで気に入っているのは、『速読速解7つのルール』なんです」

PART 7は、今でこそ僕のもっとも得意とするパートの中の一つなのですが、自分の中でシッカリとした解答スタイルができ上がるまでは、常にもやもやしている感覚がありました。

その霧を払い去ってくれたのがこの本でした。
860点を獲り、なかなか次の目標とする900点を突破できずにあがいていたあの頃。
Amazon.jpのランキング上位にあるTOEIC本を上から順番に買い進め、1周終えては次の本を買い、また1周終えては次の本を買う、ということを繰り返していました。
当然多くのPART 7対策の本や対策が掲載されている本に触れ続けてはいたのです。

ところが、どうもしっくりきません。
自信を持ってPART 7に挑むことができないのです。

なぜか。

それは、自信を持てる解答スタイルが確立していなかったからなのです。
“このスタイルで解き進めれば大丈夫”という“型”ができていなかったのです。
迷いがあるうちは「もっと良い方法は無いのかな?」とついつい考えてしまい、迷ったまま解いているうちは、やはりなかなかスコアは上がりません。

もちろんこの“型”を作る過程は非常に大切です
“型”を作る作業が、スコアアップには欠かせないと僕は信じています。
試行錯誤の中で得た“気づき”が必ず糧となり、将来の目標達成につながるのです。

しかし、この過程がいたずらに長くなってしまうのも考えものです。
可能な限り自分の型を早くつくり、後はその型どおりに演習を積まなければ結果は出ません。
『新TOEICテスト 速読速解7つのルール』では、PART 7対策に必須の7つのルールを、初心者~中級者向けにわかりやすく丁寧に解説しています。
この1冊を通読して解き方を覚え、その後公式問題集や模試などを使って実践力を高めていくのがベストだと思います。
ページ数もあまり多くない(168ページ)ので、非常に挫折する確率は低いです、そして最低3回は読むようにします。
できれば7回は読んで例題もすべて(問題数は非常に少なめです)解くことができると良いでしょう。

-速読速解7つのルール-
1. 文書の型を知って情報検索スピードアップ
2. 情報を探すキーワードを質問から見極める
3.「目的」を尋ねる問題は文書の初めに注目!
4. 時間のかかる選択肢問題は他の問題の後で解く
5 . NOTの問題は消去法で解く
6. 語彙の問題は本文中での意味をつかめ
7. ダブルパッセージはまず2つの文書の関係をおさえる


今までずっと、現在の自分がもっとも得意とするPART 7の解答法を記事にしよう、しようと考えてきましたが、PART 7は例題を掲載しないとどうも説明するのが難しいので伸ばし伸ばしになってしまっていました。
そこで今回は僕のPART 7対策の“型”を作るきっかけを与えてくれたこの本を紹介させていただくことにしました。
“NOT問題だけは、先に(A)~(D)の選択肢を読む”のような、僕の独自の解答スタイルについては、時機をみてうまく記事としてまとめられるようでしたら書いてみたいと思います。

著者の神崎先生ですら驚かれた僕の選書ではありますが、今まで200~300冊やってきたTOEICの本の中で、僕にとってはPART 7対策=この本なんです
もしかすると、日本でこの本を“PART 7対策の決定版”と声高に叫んでいるのは僕だけかもしれません。
それでも、あまたのTOEIC本の中からこの本が瞬時に脳裏に浮かんできたのは、きっとこの本から受けた恩恵がとても大きかったからなのだと思います。

リーディングの満点を獲り続ける土台を作ってくれた、非常に思い出深い1冊です。

TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。