TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最高のPart 7対策指南書 & 信念のある1冊
英語屋直伝メソッドでめざせ200点UP! TOEICテスト弱点完全克服リーディング英語屋直伝メソッドでめざせ200点UP! TOEICテスト弱点完全克服リーディング
(2012/07/27)
古澤 弘美

商品詳細を見る

僕は必ず週に数回は書店に足を運び、新しく出たTOEIC関連の本はすべて必ずチェックするようにしています。
7月に出たこれら2冊の本の内容が圧巻であり、1人でも多くの人に読んでいただければという思いを込めてレビューを書いてみました。
巷には多くのTOEIC本が溢れかえっているので、いったいどの本を選べば良いのかがわからずに困っている方は多いはずです。
大切な時間を参考書・問題集選びのために浪費しないように、少しでもその貴重な時間を学習に充てることができると良いですよね。
今後も心底から学習仲間にお薦めしたいと思える本に出会ったときは、でき得る限りそれらを紹介していければと思っています。

英語屋直伝メソッドでめざせ200点UP! TOEICテスト弱点完全克服リーディング
Part 7(読解問題)専用対策書として、現存する数多のTOEIC本の中で至高の1冊と断言でき、確実に五指に入るクオリティを持つ本当にお勧めの本です。
読解問題で確実に正答数を増やし、スコアアップをしたいと考えている600点前後から900点突破を目指している幅広い層の学習者にとって、この本の内容は必ず役に立つはずです。

この本を通じて具体的にスキルアップを図ることができるのは以下の5項目です。
これら5項目を確実に強化することにより、Part 7の問題文だけでなく、設問や選択肢まできちんと理解して読み進めることができるようになります。

1. 設問や選択肢がより正確且つスピーディに読めるようになる
2. 文書の中の読み落としてはいけない部分がわかる
3. 一度読むだけで得られる情報が増えるようになる
4. 文書のパターン毎に必要な背景知識が身につく
5. Part 7攻略に必要な語彙を身につけることができる


Part 7を苦手とする学習者の方はもちろん、上級者でも今ひとつPart 7に対して自信を持つことができない学習者の参考になる具体的な学習方法を適切に学ぶことができます。
上記5種類のトレーニングを理解して地道に日々取り組むことにより、無駄なく非常に合理的に成果を出すことができるはずだと納得させられました。
また、上記のトレーニングはいずれも英語力に結びつかないようなテクニックを使って、英文がきちんと読めていないのに正解が出せるようなものではなく、理想的な英文読解の王道を基本から学ぶことができるものであると感じました。

この本に紹介されている5種類のトレーニングを毎日地道にコツコツ継続していけば、必ず結果はついてくると思います。
また、数時間あれば読み終えることができる分量で、とても読みやすく端的にまとめられています。
著者の古澤先生は学習する側の立場を心底から理解し、読み手の立場を絶えず尊重しつつ原稿を書かれたのではないかと思います。
単に伝えたいことを長々と書くのではなく、肝要な部分・大切な基本の部分を読みやすくうまくまとめてある本だと感じ、大いに感銘を受けました。

この本を読めば、誰にでも確実に・具体的に取り組める、Part 7でスコアアップするためのトレーニングが何であるのかがわかります。
僕自身、日々TOEICに関する学習、そして研究・分析を続けている中で、ここの部分をもっとシッカリ理解し、意識して学習できれば良いのにと感じることがいくつも書かれていました。
別冊&赤シートを使っての直前対策もついています、便利です。

TOEICを学ぶ立場の人たちだけでなく、教える立場の人も読めばかなり勉強になるはずです。
丁寧に作りこまれた傑出した1冊です。

全問正解する新TOEIC TEST990点対策全問正解する新TOEIC TEST990点対策
(2012/07/28)
加藤 優

商品詳細を見る

全問正解する新TOEIC TEST990点対策
TOEICで990点(= 最高点)を獲るための本の代表的傑作として『BEYOND 990』がありますが、この本は“200問全問正解する”ことを目標に掲げた初の参考書兼問題集+模試です。

前半では毎回TOEICを受験し続け、分析をし続けている加藤先生が「満点ポイント27」を紹介し、その満点ポイントを修得するための練習問題が全パート合計で200問以上収録されています。
この練習問題のクオリティが1問1問凄まじく高く、“毎回TOEIC後に話題になる難問”のような問題の集合体になっています(『900点特急』同様すべての問題に精緻な解説がついています)。
また、練習問題と後半に収録されている1セット分の模試を合わせると合計400問以上になり、1冊で十分な演習量を確保することができます。

リスニングセクションの全音声はもちろん、リーディングセクションの音声もCD収録+ダウンロードですべて入手することができます。
練習問題と模試用のマークシートも語研さんのホームページからダウンロードすることが可能です。
ホームページには結構な量の立ち読みファイルがありますので、購入する際の参考になります。

[27の満点ポイントの一部]

Directionの放送中はPart 3やPart 4の先読みをしない(Part 1)
場面を瞬時にイメージする(Part 2)
シングルタスクでリスニングは全問正解できる(Part 3~Part 4)
品詞問題も全文読む(Part 5)
文脈の流れのまますべて読み進める(Part 6)
文章をすべて先読みする(Part 7)

満点ポイントのうちのいくつかは、今までの自分のセオリーをことごとく覆すものばかりで、その衝撃に感動すら覚えました。
860点や900点を目指している学習者ではなく、すでに860点、900点というスコアを持っている方でさらなる高みを目指す方に与えるインパクトは計り知れません。
少なくとも僕は大きな衝撃を受けました。

全体的にかなり難易度が高い問題ばかりが収録されていますが、“全問正解するための本”なのですからそれも当然でしょう。
TOEICに出題される問題レベルの枠をギリギリ外れない、ミリ単位で微調整されたような珠玉の問題の集合体です。
どうしてもTOEICで990点を獲りたい方、どうしてもTOEICで200問全問正解を成し遂げたい方は、この本を読み、そして徹底的に実践を積み、見事その目標を達成されることを願います。

990点を獲る前の、あのあがき続けた日々に出会いたかった1冊であり、著者の信念をダイレクトに反映させた名著です。

*6~7月のTOEICの結果です、連続満点だったのでホッとしまし​た。




TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。
お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。