TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEICテスト新・最強トリプル模試3 TEST1(3回目) *追記あり


(今日の学習内容一覧)
①スギーズ→LESSON1~4
②英検準1級DAILY30日間集中ゼミ →第25日~第27日
③新TOEIC(R)テスト出まくり英文法→2章の1を音読
④TOEICテスト新・最強トリプル模試3→TEST1(3回目)

TEST1(3回目)結果は、200問全問正解でした。リスニングは1.2倍速で行いました。1.2倍速のリスニングに慣れると、普通の速さで「マトリックス現象=超スローに感じられる」を体感できます、非常にお勧めです。

Runbaさん、
かめぽさん、
ケムケムさん、
kpinkcatさん、
rontarooさん、
削除した記事にコメントをいただきありがとうございました。
(いただいたコメントはちゃんと保存してあります)
削除した記事の内容に問題がありましたので、コメントをいただいたみなさんには本当に申し訳ありませんが削除させていただきました。特にご質問をいただいた方に対してはお詫びいたします、どうもすみません。削除した記事に関してのご質問がございましたら、大変お手数ですがブログのサイドバーからメールをいただければ個人的にお返事いたします。せっかくいらっしゃっていただいただけでなく、わざわざコメントまでいただいたのにすみません。また今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(以下に削除した記事のコメント部分のみをご紹介させていただきます)

リスニング
リスニングが下降の一途を辿っている僕には非常に役に立ちそうです!
研究してみますね。
2008/04/25(金) 14:55:36 | URL | Runba #-[ 編集]

上の画像と、妥協せずに練習を続けました、という言葉に身が引き締まりました。やはり自分は詰めが甘いよな、という事にやっと最近気づきまして...遅いんですけど...つい羨んでしまったり、脳みそのせいにしてしまいたくなるのですが、英語に限らず何事も、出来る方というのは、やはり努力、研究をきちんとしていますよね。トリプル・ループ法というのも楽しみに待っています!

あの、、、まったく関係の無い話で非常に申し訳ないのですが、以前空手をなさっていた事が書いてあったと思うのですが、私、フルコンやってます。本当は型に興味があったのですが、気がつけばそこはフルコン道場。今、ひざには大きなあざが出来ております。HUMMERさんは伝統ですか?フルコンですか?
2008/04/25(金) 19:48:17 | URL | かめぽ #-[ 編集]

さすがですね!!!
>選択肢も冠詞などの解答するのに要らない部分は、極力無視できるように全てスラッシュをひいて隔離して、不必要な部分を意識せずに選択肢の先読みが行えるような練習をしました.

これは新鮮でした!!
わたしも、意識してやってみます。
今後も、たくさんの”HUMMER流”解答術、対策に期待していま~す。
いろいろご紹介してください^^!!!
2008/04/25(金) 21:48:05 | URL | ケムケム #1Nt04ABk[ 編集]

HUMMERさん!

>最低限の日本語

日本語ってところがポイントのようですね。
私は、欲張って英語にしてるから、いまいちピンとこないのでしょうか?
まずは日本語→その次英語
という訓練が必要なのか、
もっともっと肌で感じるほど基本英単語になじむほうがいいのか迷います。

非常に参考になりました。
HUMMERさん、問題解くときにキーワードを頭の中で何度も復唱してましたよね?あれが一番利いていると個人的には思ってます
2008/04/26(土) 05:10:24 | URL | kpinkcat #-[ 編集]

HUMMERさん。rontarooです。またお邪魔させていただきました。Listenningのコツですが、私もまったく同じやり方でPART3をやっています。970点のHUMMERさんならば英語をあたまに浮かべて解いていると思ったので、少し以外に思ったのと、自分のやり方でいいんだと確認できました。それからトリプル・ルーフ法のご紹介を期待しています。5月のテストまではあと1ヶ月ですので、GW中に紹介していただけると大変うれしいです。ぜひぜひよろしくお願いします。
2008/04/26(土) 15:34:38 | URL | rontaroo #-[ 編集]

Runbaさんへ
Runbaさん、こんにちは!

>>リスニングが下降の一途を辿っている僕には非常に役に立ちそうです!
研究してみますね。

今まではずっと英語を英語のまま理解して取り組んできたのですが、400点台前半で限界がきました(苦笑)。なので、苦肉の策としてやってみたことがコレなんです。ちょっと邪道かもしれませんが、効果があったことは確かなので。
2008/04/26(土) 15:48:27 | URL | HUMMER #-[ 編集]

かめぽさんへ
かめぽさん、こんにちは!

>>上の画像と、妥協せずに練習を続けました、という言葉に身が引き締まりました。やはり自分は詰めが甘いよな、という事にやっと最近気づきまして...遅いんですけど...つい羨んでしまったり、脳みそのせいにしてしまいたくなるのですが、英語に限らず何事も、出来る方というのは、やはり努力、研究をきちんとしていますよね。

いえいえ、ありがとうございます。僕の場合はListeningに対しての苦手意識がちょっと尋常じゃないほど大きかったので「何とかしなきゃ」と考え色々やってみたんです。

>>あの、、、まったく関係の無い話で非常に申し訳ないのですが、以前空手をなさっていた事が書いてあったと思うのですが、私、フルコンやってます。本当は型に興味があったのですが、気がつけばそこはフルコン道場。今、ひざには大きなあざが出来ております。HUMMERさんは伝統ですか?フルコンですか?

>>高校の空手部は沖縄剛柔流という寸止め空手でしたので、飽きたらずに高校2年からは西新宿の芦原会館に通い始めました。芦原空手というのは、極真空手の創始者である大山倍達先生の弟子である、芦原英幸先生が創始した流派で、もちろんフルコンタクトです。芦原先生の活躍は「空手バカ一代」の中でも大きく扱われていて”ケンカ十段”の異名で物語中盤では主人公にもなっていました。そして、芦原先生の弟子がK-1の創始者である石井館長です。稽古は完全なフルコンタクトだったので、毎回戦前恐々として新宿まで通っていましたが、確実に強くなっていく自分を感じることが出来たのも芦原空手のお陰です。こんな感じですが、かめぽさん、いかがでしょうか。
2008/04/26(土) 15:54:04 | URL | HUMMER #-[ 編集]

ケムケムさんへ
ケムケムさん、こんにちは!

>>これは新鮮でした!!
わたしも、意識してやってみます。
今後も、たくさんの”HUMMER流”解答術、対策に期待していま~す。
いろいろご紹介してください^^!!!

はい、とりあえずListeningに関しては少しでしたらご紹介できるところまでこれたかも、という感じなので、少々紹介してみました。基本的には今までずっとお世話になってきている多くの著名なTOEICの先生方の本を信じてやってきたことが身についたお陰だと思っています。僕にできることことなどありましたら、また何でもおっしゃってくださいね。今後もがんばっていきましょう!
2008/04/26(土) 16:03:38 | URL | HUMMER #-[ 編集]
kpinkcatさんへ
kpinkcatさん、こんにちは!いつもお世話になっています、ありがとうございます。

>>日本語ってところがポイントのようですね。
私は、欲張って英語にしてるから、いまいちピンとこないのでしょうか?
まずは日本語→その次英語
という訓練が必要なのか、
もっともっと肌で感じるほど基本英単語になじむほうがいいのか迷います。

僕も今まではずっと英語をえいごのまま理解しようと努めていました。しかし400点台前半で全く伸びなくなってからは、現在の方法に切り替えました。

>>HUMMERさん、問題解くときにキーワードを頭の中で何度も復唱してましたよね?あれが一番利いていると個人的には思ってます

はい、これも今までは全て英語で復唱していたのですが、僕の頭のメモリではどうしても苦しい感じだったんです。今のやり方にも限界があると思いますので、英語→英語でリテンションできるようにしていきたいとは思っています。また色々試行錯誤してみます、お互いまたがんばりましょうね!
2008/04/26(土) 16:09:50 | URL | HUMMER #-[ 編集]

rontarooさんへ
rotarooさん、こんにちは!

>>Listenningのコツですが、私もまったく同じやり方でPART3をやっています。970点のHUMMERさんならば英語をあたまに浮かべて解いていると思ったので、少し以外に思ったのと、自分のやり方でいいんだと確認できました。

はい、こんなやり方で良いのかとは思うのですが、結果オーライということでお許しください(苦笑)。

>>それからトリプル・ルーフ法のご紹介を期待しています。5月のテストまではあと1ヶ月ですので、GW中に紹介していただけると大変うれしいです。ぜひぜひよろしくお願いします。

はい、これも結構ショボイ(笑)取り組み方なのですが、個人的にはリズムに乗れるので特にPART3~4に有効でした。3つの選択肢をリズムよく頭に叩き込む方法なのですが、しょっぱくてちょっと恥ずかしいので、最初に紹介することをためらったんです(笑)。できれば早めにご紹介しますのでお待ちくださいね、リクエストどうもありがとうございます!
2008/04/26(土) 16:14:57 | URL | HUMMER #-[ 編集]

再びrontarooです。

>この方法はそのままPART2でも使えます。Questionを以下のようにリテンションします(冒頭の画像参照です)。

PART3だけではなくPART2でも使えるとのことですが、たとえばこれくらい短いのでしょうか?
Who left memo on my desk? → ”誰置いた?”
How do you like the new filing system? → ”どうfile?”

LISTENINGはここのところ400点前半で壁にぶつかっています。ぜひコメントお願いします。
2008/04/26(土) 19:08:21 | URL | rontaroo #-[ 編集]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。