TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第1回)



大西泰斗先生の新番組がいよいよ本日より放送開始です。実はTOEIC学習を始める前に観た、大西先生の「ハートで感じる英文法」(NHK教育テレビ)に衝撃を受けたのが英語学習に本気で取り組もうと考えたきっかけなんです。それまでは、「NHKなんてめったに観やしないんだから、受信料払うのもったいないなー」なんて思ったこともあったんですが、「ハートで感じる」に偶然出会ってからは喜んで年間単位で受信料を払っています(もちろん今までも払ってはいましたが)。先生の著作はほぼ全て購入・読破し、DVDやCDも全て購入し、講演会のDVDも入手、今年の8月には実際に講演会にも行って参りました。一緒にお酒をご一緒させていただき、サインまでいただけて本当に嬉しかったです。先生の手法は一通り全て学んできたつもりでいたのですが、内容も大幅にグレード・アップ、進化していて、またしても食い入るように番組にのめりこんでしまいました。たった3ヶ月ですが、今後も期待しています。

(以下はNHKの復習サイトより)
おさらいフレーズ<10月 4日(木)>Lesson 1「英語は配置のことば」
Lucy gave Mary a present.
ルーシーはメアリーにプレゼントをあげた
英語は配置のことば。
語順が変われば意味が変わったり、通じなくなったりします。
“Lucy gave a present Mary.”⇒「ルーシーはプレゼントにメアリーがあげた」????
ほら、意味がわからないでしょ?
Don't Chris me.
私をクリスと呼ぶな
Chris は名前なのに、ここでは動詞として使われています。
語順から意味が導かれてくるのがネイティヴの感覚。わかりますか?




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック