TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
TOEIC(R) TEST 成功をつかむ条件
TOEIC TEST 成功をつかむ条件TOEIC TEST 成功をつかむ条件
(2012/01/20)
キム・デギュン

商品詳細を見る

TOEICに対する批判は多いですが、その精巧で素晴しい問題を分析して勉強する喜びはほとんど夢のようでさえあります
キム・デギュン『TOEIC(R) Test「正解」が見える』より



かつてこの言葉に心の底から共感し、TOEICに対してよりいっそう真剣に取り組むようになった時期がありました。
そのキム・デギュン先生にはじめてお会いする機会をいただけたのが、一昨年の9月。
僕がはじめて990点を獲る直前のことでした。

AERA English』2010年12月号の特集記事のための取材で、当時の編集者だった奥村さんに帯同し、キム・デギュン先生と喫茶店でお会いできる機会をいただけたのです。
せっかくキム・デギュン先生にお会いできるということでしたので、2冊目となる『TOEIC Test「正解」が見える』を購入し、韓国滞在中の数日間はこの本だけを何回も繰り返して使い勉強しました。



ある夜、キム・デギュン先生に招待していただき、先生の行きつけのお店にも連れて行っていただきました。
先生は、お酒はたしなむ程度であり、そのルックス同様、とても温和な雰囲気で会食は進みました。
趣味は何ですか?
と聞かれたとき、
TOEICの勉強をするのが趣味です
と答えたところ、非常に驚かれましたが、すぐに微笑みと共に追加のお酒を僕に勧めてくださいました。
逆にこちらから趣味を尋ねると、
山登りと水泳かな。今は個人のインストラクターを雇って、時間を見つけては泳ぐ練習をしているんだ。おかげでだいぶ上達したよ
とおっしゃいました。
そんな趣味の話から、韓国のTOEIC事情・英語学校やTOEIC学校の話、日韓それぞれの時事に関する話題まで、約束の時間いっぱいまで語り合いました。

そのときお話したことを元に編集された本が、今回刊行する運びとなった『TOEIC(R) TEST 成功をつかむ条件』です。
限られたページ数の中に、あれもこれもとすべてを詰め込むことは非常に難しく、読者のために最も優先すべきことは何なのかを絶えず意識しつつ編集作業は進みました。

一番伝えたいこと、TOEIC学習者にとって一番大切なことは、第1章と第3章に収録することになりました。
従来のキム・デギュン先生の本に収録されている、いわゆる解答のテクニックの部分に関しては、多くのページは割かれませんでした(解答のテクニックに関しては、『新TOEIC(R)テスト 直前の技術』を参考にしていただくと良いと思います)。

TOEICの最新傾向を反映した英文・問題は第2章に可能な限り収録されました。
この章を編集に携わるに当たって、僕は最新の韓国の模試を20冊ほど何回も解き、問題を精読しました(結果、2011年には年間70,000問以上の問題を解くこととなりました)。
『成功をつかむ条件』で使用されている問題や表現を、僕はそれらの韓国模試の中で何度も目にしました。
もちろん本書で使用しているすべての英文・問題は、キム・デギュン先生が作成したものなのですが、毎回TOEICを受け続けている者としても、自信を持って日本のTOEIC学習者のみなさまにお勧めできると自負しています。

単なるTOEIC学習者の一人に過ぎなかった僕が、こうしてキム・デギュン先生と実際にお会いすることができたこと、そしてTOEIC本の編集に携われたことが、実に感慨深いです。

成功をつかむ条件は単なる問題集・参考書ではなく、TOEICという大いなる山に果敢にチャレンジしようとするすべての学習者に対しての道標です
ジャンルをあえてつけるのであれば“自己啓発TOEIC本”です。
最新のTOEICの傾向をしっかりと反映させた問題や表現・例文も満載です。
目標スコアに関係なくお読みいただくことができる本になっています。

学習用の音声は、スリーエーネットワークのHPからダウンロードすることができます。
約90分にわたる音声ファイルは学習しやすいよう、これ以上ないくらい細分化してあります(1,127ファイルあります)。
すべてを聴いて音読したり、シャドーイングしたりするのも良いですし、必要なところだけをiPodに入れてリピーティングしたり、暗誦したりするのも良いと思います。

最後になりますが、この本は数多くの人たちの協力によって完成しました。
『成功をつかむ条件』の編集に関わっている間、一つだけ最初から最後までこだわったことがあります。
それは、この本に携わった人全員が、喜びと感謝の心に満ちて作ることができるようにしよう、そういう環境を、お仕事をお願いする方たちに用意しよう、ということです。

この本に関わっている間にいやな思いをしている人が誰一人としてなく、みんなが仕事を喜んで楽しみ、そして心を込めてやれるようにしたい……これを絶えず心がけるようにしました
買ってくださる方が、この本を見たとき、手に取ったときに温かいものを感じ、TOEICの勉強を気分良く進めていくことができるように、との思いを込めてです
もちろん内容には一切の妥協はしていません。

その思いが通じたのか、キム・デギュン先生との原稿のやり取りをはじめ、翻訳家の中村克哉さん、カバーデザインをしてくださった芳賀のどかさん、帯の推薦文を書いてくださった安河内哲也先生、本文のデザイン・DTPをしてくださったドルフィンの田中楽さん、佑加子さん、そしてスタッフの相澤さん、音声収録をしてくださったELECの田崎さんとナレーターのみなさん、印刷をしてくださった倉敷印刷さん(担当の伊藤さん)など、すべてのやり取りにおいて、ただの一度も問題が生じることなくこの本を完成させることができました。

そんな多くの人の思いが詰まった成功をつかむ条件が、学習者のみなさんがTOEIC学習を続けていく上で、心の支えになる1冊になることを願っています

TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。

お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

コメント
この記事へのコメント
HUMMERさん、
こんにちは。

発刊おめでとうございます!

TOEICに対する熱い思い、目標に向かう真摯な姿勢、そして有益な情報がぎっしりと詰まった本ですね。

HUMMERさんのブログが形になったような本だと思いました。

こんな本に出会えて、本当によかったなと思います。

どうもありがとう!
2012/01/17(火) 22:13:57 | URL | OJiM #z8Ev11P6[ 編集]
TOEIC万歳!
HUMMERさんの思いが、これからも一人でも多くの学習者に伝わりますように。
私も熱くいきますよ!
2012/01/17(火) 22:23:46 | URL | KIYO #LkZag.iM[ 編集]
HUMMERさんのアツイ思いが詰まった本なら間違いないですね!

さっそく本屋で探してみます。本当に楽しみです!
2012/01/17(火) 22:32:21 | URL | hashiro #80brJVJs[ 編集]
ほしい、ほしい、ほしい
HUMMERさん、こんばんわ。

TOEIC990も欲しいですが、この本も超ほしいです。

OJIMさんのBlogを見て、やばい、買わなきゃ、と思い、先週の土曜、今週の月曜と新宿の紀伊国屋、大手町の丸善はじめ大手の本屋をあさりましたが、どこにもなく、1/20発売とあとから気付いて、「あれ、どうやってOJIMさん、手に入れたのだろう?」、と思いましたが、今日のイクフン先生のメールで謎は解けました。

“自己啓発TOEIC本”、いいですね。
アツイコトバ好きの自分には、願ってもない本です。

"もちろん内容には一切の妥協はしていません。”
心強いお言葉。HUMMERさんのその妥協を許さない姿勢に、本当に脱帽です。

話し変わりまして、写真のデギュン先生の前の本、「ヨウンシガン1200 Reading」ですね。間違いない!

ちょうど、今、ヨウンシガン1200(LとR両方)取り組んでまして(明日くらいには、1周できるところに来てます。残りTEST12だけなので)、今回の本の発売は、何とも数奇な?タイミングだなぁと思っております。これは俺の為の本じゃないか?なんて。都合よすぎ?(苦笑)

では、また感想は読後に。本当に楽しみです。
2012/01/17(火) 23:33:47 | URL | DIO #-[ 編集]
おめでとうございます
サイン付きでお願いします!w

それにしてもほんとに嬉しいです。私は趣味の世界では2つの本に載ったことがあります。気がついたら載っていたというだけの話しです。でも本当にハマーさんの日頃の姿勢そのものが本になっているでしょうから、手にするのを楽しみにしています。

さっそく予約入れましたよ!

ISBN-10: 4883195864
ISBN-13: 978-4883195862
発売日: 2012/1/20
2012/01/17(火) 23:35:06 | URL | スタバ太郎 #-[ 編集]
TOEICまで、2週間ですが、禁断の直前、新刊購入、ぜひとも、購入検討しようと思います!!”約90分にわたる音声ファイルは学習しやすいよう、これ以上ないくらい細分化してあります(1,127ファイルあります)。" これ、超、便利です!!ところで、HUMMERさんの韓国TOEIE満点計画は順調に進んでおりますでしょうか?僕のTOEIC読解400点計画は、まだまだ道のりは長く頓挫中で、今回も、とても達成不可能ですが、僕たちの勝負は、まだだま、継続中ですので、お忘れなきよう願います=^-^=今年も、僕らしさ全開で、TOEICはもちろん、英語を使って世界の人々と交流することを目標に頑張りますね!!でわ=^-^=
2012/01/18(水) 22:57:06 | URL | TOSHIAKI #-[ 編集]
HUMMERさんを目標に
HUMMERさん、

大西先生に始まり、前田先生、花田先生、キムデギュン先生と、
TOEIC学習を通じて、すごい方々との人脈を深めていらっしゃる
ご様子を、尊敬と羨望のまなざしで拝見しています。

昨年HUMMERさんが
「年間7万問」以上の問題演習をこなされたと伺い、
「年間3万問」でいい気になっていた自分は
打ちのめされました(笑)
満点も取れませんでしたし、
「まだまだ練習が足らない」と思い知らされました。

今年は、せめて練習量だけでもHUMMERさんに負けないように、
と思いました。

そこで、今年は「年間9万問」(450セット)にチャレンジします。
今のところ達成できるペースでトレーニングしています。
9万といえば去年の3倍なのですが、
「それくらいやらないとHUMMERさんには追いつけないぞ!」
と自分を叱咤しています。

HUMMERさんのブログとコメントには
本当に励まされます。

これからも応援よろしくお願いします。

追伸:来月2月4日、また前田先生のセミナーに
参加します。今度は色紙メッセージをお願いしてみます。
2012/01/19(木) 07:26:47 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
OJiM監督、
OJiM監督、本当にありがとうございます。

『TOEIC 完全ガイド』の教材選定識者として(厳しいコメントも覚悟をしましたが)一足速くお読みいただけて本当に良かったです、ありがとうございます。

はじめてキム・デギュン先生とお会いしてお話したときに感じました。
先生のTOEICに対する考え方が、あまりにも僕と近く、この本の原稿を読んだとき、共感という言葉ではカバーしきれない、それを超えた気持ちにさせられました。
まるで僕自身が本を書いているのでは、というあり得ない感覚すら抱きました。

この本は問題集でもなく参考書でもありません。
TOEICに対して持つべき心構え、精神面の律し方について熱く語るキム・デギュン先生。
僕もこんな本の編集をすることができて本当に良かったと思っています。

コメントと記事、本当にありがとうございます、今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/19(木) 21:58:08 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
KIYOさん、
KIYOさん、本当にありがとうございます。
“TOEIC万歳!”のコメント、素晴らしいですね。

これから一人でも多くの学習者のみなさまにこの本を読んでいただき、読んでくださった方たちが毎日充実した気持ちでTOEIC学習をがんばっていってくださればと心から願っています。
KIYOさんも引き続き熱く、周りの学習者を巻き込んでがんばってくださいね。

コメントに心から感謝しています、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/19(木) 21:58:39 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
hashiroさん、
hashiroさん、ありがとうございます、感謝です。

今週末には書店やAmazon.co.jpで購入できるようになると思います。
キム・デギュン先生の思いを余すところ無く詰め込んでありますので、是非、hashiroさんにお読みいただければな、と思っています。
読んでいただいた後にご感想などいただければ幸いです。

コメントいたただき大変ありがたいです、今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします!
2012/01/19(木) 21:59:34 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
DIOさん、
DIOさん、ご足労お掛けしてしまいました、大変恐縮です、申し訳なかったです。

以前の僕もまさにDIOさんと同じでした。
欲しいTOEICの本が発売されるとなると、もういても立ってもいられずに、発売日前日くらいから大きな書店を歩き回ったものです。
是非、紀伊国屋さんや丸善さんなどで実際に手に取られてみてくださいね。

あと、喫茶店での写真に写っているのは、紛れも無く『ヨウンシガン1200』です、さすがマニアですね!
1周終了しましたか?最低でも3周、できれば7周はやってみてくださいね。
ちなみに僕は現在トマトの『TOEIC FINISH 1000』の赤本(リスニング)と緑本(リーディング)を使っています(まだ3周目です)。

>>発売は、何とも数奇な?タイミングだなぁと思っております。これは俺の為の本じゃないか?なんて。都合よすぎ?(苦笑) では、また感想は読後に。本当に楽しみです。

はい、間違いありません、これはDIOさんのための本です。
すべてはタイミングですからね、偶然はすべて必然なのです。
月末のTOEICで、DIOさんがベストを尽くせることを心から願っています。
そして、是非、TBRにご報告くださいね、読後の感想も楽しみにお待ちしております。
DIOさんの熱いコメント、毎回最高です。

本年も昨年に引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/19(木) 22:00:24 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
スタバ太郎さん、
スタバ太郎さん、コメントいただきまして本当にありがとうございます。

スタバ太郎さんも趣味の世界では本に載ったことがあるのですか!
素晴らしいですね、今度是非そのお話もお聞かせいただければ幸いです。

『成功をつかむ条件』のご予約をいただき、こちらも大変ありがいことで、本当に嬉しい限りです。
感謝しています。
キム・デギュン先生のTOEICに対する姿勢は僕とほぼ同じなんです。
語り合い、そして原稿をいただき、こんなに自分の思いが重なる人はいないのでは、というくらい心が共鳴し、共振しました。

よろしければまたご感想などいただければ幸いです、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/19(木) 22:01:17 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
TOSHIAKIさん、
TOSHIAKIさん、コメントいただきまして本当にありがとうございます、感謝です。

禁断の直前購入、是非ご検討下さい。
ただし、基本、この本は“自己啓発TOEIC本”なので読み物なんです。
音声ファイルは、まさにTOSHIAKIさんのためにあるようなものなので、こちらも是非ダウンロードしてみてくださいね。

韓国TOEIC受験は、やや手続きが難しいのでなかなか実現していませんが、もちろんあきらめてはいませんよ、今年中、2012年中には、是非とも実現させたいものです。
読解パート400点超え、是非、年内に達成してくださいね、もちろん忘れてはいませんからね。

>>今年も、僕らしさ全開で、TOEICはもちろん、英語を使って世界の人々と交流することを目標に頑張りますね!!

何よりも、ここのくだりが最高です。
TOSHIAKIさんはTOSHIAKIさんらしく、自分の本能が求めることをエンジョイしながら追及されてくださいね。
もちろん僕もそうです、お互い2012年も過去最高の1年にできるようがんばっていきましょう。

いつも素晴らしいコメントをいただけて大変ありがたいです、本年も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/19(木) 22:01:52 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、コメントに感謝しています、熱いですね、ありがとうございます。

大西先生との出会いも、僕の運が良かっただけなんですよ。
はじめて参加した大西先生の講義のとき……そのときは仲間が誰もいなかったのです。
講義の後の打ち上げに大西先生がいらっしゃることを聞いてはいたのですが、誰も知り合いがいない飲み会に参加するということは当時の僕にとって、とてもハードルが高いことでした。
ところが、何とその会の幹事の方が凄く親切な方でお誘いいただけて、なおかつこれまた偶然にも大西先生が僕の隣に座られたのです。
当時は今以上に体を鍛えていたのですが、これまた偶然にも肉体派でいらっしゃる大西先生に「少年、良い体してるね、何かやってるの?」と声を掛けていただき、(なぜか)たくさん握手をしていただけたのが僕のはじめての大西先生との出会いの日のことでした。
日本屈指のTOEICの先生方と知り合うことができたのも、きっと偶然という必然であり、簡単に言いますと、やはり“運が良かった”のです。

ぬり恵さんは、2012年は年間9万問ですか!?
でしたら僕もその上をいかないといけませんね、がんばります。

是非、2月4日の前田先生のセミナーには、色紙持参で臨まれてください。
きっと熱いメッセージをいただけるはずです。

あまり気負わずに、TEX加藤さんのおっしゃるように“一問入魂”でいきましょう。
昨日神崎先生とお話したときに、神崎先生も「不思議なもので、1度満点が取れると、その後は何回も取れるんだよね。やっぱり精神的な圧力が大きいんだろうね」 とおっしゃっていました。
総合的な英語力は、ぬり恵さんは僕の比ではありません。

2012年、きっとうまくいくときが遅かれ早かれ来るはずです。
その日が来るまで、毎日地道に問題を解き、そして復習をする。
それの繰り返しですね、お互いがんばっていきましょう。

いつも本当にありがとうございます、本年も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/19(木) 22:02:31 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/21(土) 00:23:07 | | #[ 編集]
Practice makes perfect
HUMMERさん、こんばんわ。

本日購入し、先ほど読み終えました!!
(音声ファイルは、まだ聞けてないですが、読了完了上位1%に入ってますでしょうか?笑)

HUMMERさんのおっしゃるとおり、まさに自分の為の本でした!!
心の奥底で蠢いていた、聞きたかった、知りたかったことが、この本には、全て盛り込まれています。
今日は帰り道は、ずっと、この本を読みながら家まで帰ってきました。

まだ読み終えてない方もたくさんいると思うので、ネタばれにならない範囲で、自分の魂をゆさぶったコトバをあげておきます。

レベル別の1日あたりの学習量
上級:目標900点以上
"毎日模試を1セット"

質問47 900点から950点を目指すにはどうすれば良いでしょうか。
”たくさん読んで~最終的に至ります"

驚愕。一番ぶっとびました。
デギュン先生、ここまで言いきりますか!?と。
「正解」が見えるとは、このことだったのかと。
もし、この世界が味わえるのであれば、
この境地に一刻も早くたどり着きたいです。

質問51 TOEICで満点をとるにはどのくらいの学習時間が必要ですか?
"まずリスニングで満点が取れた後に、~というのが一般的です。

これを読んで、Tommyさんがイフクン青本ノンストップで全部やった時のことを思い出しました。

やはり、TOEIC990とるには、ほにゃららが出るくらいやらないと駄目なんですね。
masamasaさんの1日18時間学習を超えるくらい勉強すれば出るのかなぁ??

おわりに
Practice makes perfect

ちなみに、このフレーズ、自分は、漫画スラムダンクの英語版コミックの中で覚えました。(バスケットの3ポイントシュートを、一日500本練習するくだりで確か使われていたような気がするのですが・・・)
トイッカーにとっては、Practice=1日200問(模試1セット)が、あてはまるのかと。

素敵な本を、世に送り出していただき、本当にありがとうございます。
HUMMERさんの本気が伝わってきました。
本書を、500周していいですか?(冗談抜きで。)


P.S.
あのあと、ヨウンシガン1200(L、Rともに)完了しました。

今は、Hackers2 ReadingとPAULセムウイ抜け目のないTOEICのLCをやってます。

HUMMERさんが、現在取り組まれているトマトFINISH(LとR)も、以前にやったことがありまして、ADVANCED TESTからが、激ムズで頭がバーストしました。
まだ3周目です、とさらっといい切れるHUMMERさんは、やはり凄いです。

では、また。
2012/01/21(土) 02:34:01 | URL | DIO #-[ 編集]
TOEIC回帰
HUMMERさん

やっぱりアツイです!

私の今年のモットーは「原点回帰・TOEIC回帰」です。もう一度、自分の英語学習の原点であるTOEICと真摯に向き合ってみたいと思います。そのための道標が、本著のような気がします。

まだ読んでいませんが、本著がいかに素晴らしいかは、すでにわかります。本著を世に送り出していただき、ありがとうございます!
2012/01/21(土) 14:00:58 | URL | fukken #-[ 編集]
素晴らしい本に出会えたことに感謝
HUMMERさん、遅ればせながら読み終えました。
内容が濃すぎて、正直吸収しきれませんよ。笑
これほど素晴らしい本をいただき、感謝しております。

ブログに私の想いの一部を書きましたので、
お手すきの際にご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/porpor35/52750952.html

明日は初の花田塾に行ってきます。
これも直前対策が行われることをお知らせいただいたおかげです。
さらなる刺激を得て、1月のTOEICは万全の状態で臨みたいと思います!

来月、また例の場所に行きましょうね!!
今後ともよろしくお願いいたします。
2012/01/22(日) 00:29:07 | URL | porpor #-[ 編集]
やっと届きました!
まだかまだかと待っていた「成功をつかむ」
やっとアマゾンから届きました!

淡々としたキムデギュン先生の静かな語り口が、
かえって心にしみこむ感じです。

「韓国では、スタディグループという学習会が盛ん」
「韓国では、1日1セット模試をこなすのは当たり前」
「韓国では、年14回TOEICが実施される」

「日本の非常識」が
「韓国では常識」になっているのが新鮮です。

TOEICにかける学習者の情熱は、
日本よりも韓国のほうがまちがいなく
「熱い」と思いました。

素晴らしい書籍を送り出してくださった、
デギュン先生とHUMMERさんに感謝いたします。
2012/01/22(日) 16:21:26 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
届きました!
本日手元に本が届きました。明日から読みます!インスパイアされたら私も次は950目指します!とても990とは言えません。弱気姿勢><
本を読む時の癖で「はじめに」と「おわりに」だけを読みました。私はその文章に筆者の思いを感じるかどうかで本を買うかどうか、ちゃんと読むか決めています。
この本はもちろん「読む!」です。
2012/01/23(月) 00:02:28 | URL | スタバ太郎 #-[ 編集]
Lさん、
Lさん、お久しぶりです、最新スコアをご報告いただきまして本当にありがとうございます!

ベストスコア更新、素晴らしいですね。
おっしゃるとおり、そのレベルまで行けたのであれば、きっと公開テストではR495点、いけるはずです。
たまたまこの次期にキム・デギュンの本に取り組み始めていたというのは、何か面白い縁ですね。

今後も継続してTOEICの勉強をがんばるとのこと、Lさんが心行くまで、思う存分勉強すると良いと思います。
そして、またベストスコアが更新できましたら報告してください、お待ちしています。

Lさん、コメントいただきましてありがとうございます、健康第一でこれからもがんばっていきましょう!
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/24(火) 21:54:46 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
DIOさん、
DIOさん、メチャメチャアツいコメントをいただけて最高です、まるで僕が自分でコメントしたのかという錯覚に陥りそうでした。

やはりこの本はDIOさんのための本でしたね、良かったです。
気持ちを高ぶらせるお手伝いができたようで、本当、良かったです。

>>質問47 900点から950点を目指すにはどうすれば良いでしょうか。 ”たくさん読んで~最終的に至ります"
驚愕。一番ぶっとびました。 デギュン先生、ここまで言いきりますか!?と。 「正解」が見えるとは、このことだったのかと。

このくだりは、まさに“達人の境地”ですよね。
僕もキム・デギュン先生がここまでおっしゃったことに、最初は驚愕しました。
言葉にできない、とはまさにこのことだと思います。
ですが、いわんとしていることはよくわかるんですよね。
その次元まで勉強し続けなければならないのです、そうしないと“正解は見えない”のです。
いわゆる日本では“ありえない次元のこと”として学習者の間で語られていることが、900点突破~満点を目指すような韓国の学習者にとっては当然のことなのです。
Tommyさんや伝説のmasamasaさんのようなことを、“普通に”やらなければダメなのです。

本書500周はちょっと多すぎますが、7周は読んでいただけると良いな、と思っています。
読み飛ばしていたことや新たな気づきを発見できますよ。

韓国模試、順調に進んでいるようで良かったです。
そのペースで進め、シッカリと復習を続けていけば満点に手が届きます。
僕も今は直前なので、新しいものには手を出さずに『TOEIC FINISH 1000』のLとRばかりやっています。
Advanced Testの問題は、Rはあまり負荷を感じませんがLはやや厳しいと思います(時々先読みがついていけなくなります)。

DIOさんのレビュー、本当、ありがたいです。
また今後も何かありましたら、コメントいただければ幸いです。
週末のTOEICに向けて、健康第一、万全の体制で臨めるようがんばっていきましょう。

今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします、コメントに心から感謝しています。
2012/01/24(火) 21:55:22 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
fukkenさん、
fukkenさん、TOEIC回帰・原点回帰ですね。

僕もfukkenさんと同じくTOEICをベースに英語を学んできましたので、その思いはとても伝わってきます。
そして、その道しるべとして『成功をつかむ条件』を選んでいただけたことを本当にありがたく思います。
感謝です。

キム・デギュンは、こんなにアツいんです、ということを、本書を通じてご理解いただけるかと思います。
まさにfukkenさんのような人のためにある本だと言っても過言ではありません、掛け値なしです、事実です。

2012年は、fukkenさんのご家族にとって素晴らしいスタートなりましたね。
今年もご家族を何より大切にし、そして誰よりもご自身に厳しいfukkenさんのご活躍を心から願っています。
いつも本当にありがとうございます、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/24(火) 21:55:53 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
porporさん、
porporさん、素晴らしいレビュー記事を拝見させていただきました、最高です。
本当にありがとうございます、感謝の言葉もありません。

porporさんのような、あと一歩で高嶺の花に手が届きそうな学習者にとって、本書は特に心に響く部分があったのではと察します。
花田塾の直前対策にも無事参加できたようで良かったです、必ずや今週末のTOEICで、その成果が発揮されることでしょう。

また是非、色々と学びあう機会を持ちましょう、例の場所は良いですね。
TOEIC、仕事、そして人生を語り、明日への活力がいただける素晴らしい場所だと思います。

アツい記事、本当にありがとうございます、今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/24(火) 21:56:28 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、『成功をつかむ条件』が無事に届いたようで良かったです。

>>淡々としたキム・デギュン先生の静かな語り口が、 かえって心にしみこむ感じです。

はい、そうなんです。
キム・デギュン先生は非常に温和な方で、いたって普通な感じなのですが、心の中にはTOEICに対する情熱・青き炎が確実に灯っています。
韓国のTOEIV熱はもの凄いですが、決して日本のTOEIC学習者が負けているとは思いません。
見習う点はかなり多いです、そしてそれらを愚直に・謙虚に学び、日々黙々とトレーニングを続けていくことができれば、必ずや日本の学習者も目標を達成することができるはずなのです。
そんな勇気を与えてくれる1冊に、この本がなれれば良いな、と思っています。

週末のTOEIC、お互いがんばりましょう。
アツいコメントに感謝します、今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/24(火) 21:57:07 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
スタバ太郎さん、
スタバ太郎さん、『成功をつかむ条件』をお読みいただきまして、本当、ありがとうございます。
感謝です。

スタバ太郎さんは、すでにご自身が高みにいらっしゃるので自己啓発的な本は不必要かとは思います。
それでもキム・デギュン先生のいらっしゃる境地は、高みの中の高みですので、少しでもスタバ太郎さんをインスパイアする部分があるかとも思っています。

「はじめに」と「おわりに」を最初に読むのですね、その姿勢に共感します、僕もそういうタイプの人間です。
「はじめに」には、確実にキム・デギュン先生の情熱を感じるはずです、そしてそれを良しとしてくださったスタバ太郎さん。
あなたにも十分、いや十二分にそれがあるはずです。

また是非ご感想をお聞かせいただければ幸いです、コメントいただきまして本当、ありがたいです。
本年も昨年に引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/24(火) 21:57:43 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
韓国でTOEIC受験
HUMMERさん、

レスありがとうございます。
1つ質問があります。

この本の中で、
デギュン先生が
日本でTOEICを受験される話がでてきます。

逆に、私たち日本人が
韓国でTOEICを受験するには、
具体的にどうすればいいのですか?

確か、HUMMERさんは、
韓国で受験されたことがあるように記憶しています。
よろしければ、情報を教えてください。

それにしても、
TOEICが「毎月受験」できる韓国が本当にうらやましいです。
日本より5回も多く受験できるなんて!
あまりにも不公平な感じがしませんか?
2012/01/24(火) 22:34:54 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、韓国でのTOEIC受験ですが、ぬり恵さんの記事へのDIOさんのコメントにもある通りなんです。
外国人が韓国でTOEICを受験する場合は、本人が申し込みを直接しに行き、再度受験日に韓国に行くか、韓国の住民番号を持っている人に代理で申し込みをしてもらわなくてはならないようです。
『成功をつかむ条件』の翻訳者である、中村克哉さんに問い合わせて調べていただいたところ、そのようにおっしゃっていました。

韓国に知り合いが居住している方でしたら、受験は難しくはないかもしれません。
僕も決して受験をあきらめたわけではないです、できれば年内に受験したいとは思っています。
*以下にそのときいただいた韓国TOEIC情報をつけておきます

韓国の試験の日程は、次のとおりです。
http://appexam.ybmsisa.com/toeic/info/receipt_schedule.asp
一覧表は、左から「試験回数、試験日、成績発表日、インターネット受付期間、窓受付期間」です。

しかし、1日2セットですか!
僕も最近は1日2セットいこうかと思うのですが、だいたい1.5セットくらいしかできていません。
いよいよ2012年最初の公開テストですね、お互い万全の状態で力を出し切りましょう。

いつも本当にありがとうございます、今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/01/25(水) 20:22:43 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
いつもありがとうございます。
いつもながらご丁寧なご回答、ありがとうございます。

DIOさんからも情報いただきました。
私たちが韓国のTOEICを受験するのは
どうも難しいみたいですね。

ただ、2月、4月、8月は
「指をくわえて見ているしかない」
というのは実に悔しいです。
日本も12回にしてほしいです。

1日模試2本は、かなりきついです。

脳への負担的にはだいじょうぶですが、
練習のための時間が不足します。

朝5時に起きたりしているのですが、
やはり眠くてうまく行きません。
時間がとれないことが
ストレスになっている感じです。

でも、デギュン先生は
「無理してでも2セットやってください」
と平然とおっしゃられています。

あきらめずになんとか工夫してがんばってみます。
「問題数だけはHUMMERさんに勝てるかも?」
と思ったりしています(笑)

日曜日は、ベストを尽くします。
2012/01/25(水) 22:16:49 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、いよいよ明日ですね。

僕も以前は毎月日本でもTOEICを受験したいと思っていました。

IPテストをどこかでどうにかして受験できればと調べたりしましたが、なかなか簡単にはいかないようですね。
なので、TOEIC運営委員会が用意してくださる公開テストをすべて受験し、一回一回を全力で悔いなく受験することを今年は目指すことにしています。

時間の捻出は最重要課題ですね。
僕ももっともっとストイックに自己をコントロールすることができれば、1日3~4セットの模試ができるかもしれないのですが、現状では2セット、400問をやるのが精一杯です。

ともかく明日です。
無事にTOEICを受験できるという現実に感謝し、TEX加藤さんのおっしゃる“一問入魂”の精神で臨みます。

戸育ぬり恵さんがベストを尽くせることを心から願っています、お互いがんばりましょう。
2012/01/28(土) 22:01:38 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
TBR
放送への出演お疲れさまでした。

おかげさまで、楽しみました。
2012/01/30(月) 06:07:14 | URL | gグッピー #SFo5/nok[ 編集]
決めました
今日、新千歳空港で飛行機を待つ時間に読みました!というのも空港で7時間も待ちぼうけだったのです。そして残りの分を一気に読み進めました。第2章は具体的な試験の攻略だったので、読みませんでした。そして決めました。

私、今年のどこかの3ヶ月で思い切り勉強してみたいと思います。1冊を10回勉強っていうのを実践してみます。あまりゆっくりはできないので、春に受けてみたいです。TOEICはまさにマラソンなんだなとこの本で感じました。動物的な瞬発力を身につけるのはかなり大変そうですが、時々反射レベルで解ける問題も出てきてますので、やってみたいと思います。

目指せ990です。950を目標にして950の勉強をすると着地点はきっと低くでます。なので990を取るつもりでやってみたいです。

Podcastなども少なめにして、問題を解くことを集中してみたいです。前回900を超えた時は1冊のテキストを2回やりました。それで功を奏したので、今回はイ イクフン先生のテキストを主軸にしてテキストがぼろぼろになるまでやってみます。自分がボロボロになるまでやってみたいですね。その前にすでにボロボロなんですけども。。。><

実はテキスト一切福井においてきてしまったので、勉強を開始するのは2月の半ばになると思います。思い切りやってみたいと思います。

ハマ-さんありがとうございます。
2012/01/31(火) 01:32:15 | URL | スタバ太郎 #-[ 編集]
それと
本に出てきたスタディグループってすごいですね。韓国では盛んなのでしょうか。日本でもこういう集まりってあるのでしょうか。かなり恐ろしいですけど。。。
2012/01/31(火) 01:40:23 | URL | スタバ太郎 #-[ 編集]
第168回
TBRありがとうございました。

私も、HUMMERさんと同じく
メジャーフォームでした。

例の件でびびってしまい(?)
別のハンドルネームで参加しましたが、
気づかれましたか?

リーディングでは
やはりPart 7で2問ミスしました。
敗因は、「読み飛ばし」です。
2問ミスでは、満点は無理ですよね。
まだまだ練習不足です。

リスニングでは
なんとか1問ミスに
押さえられたと思います。

HUMMERさんのアドバイスを
参考に「脳内シャドーイング」
してみました。

放送された音声を聞きながら
口パクでシャドーイングしました。

試験官には変に思われたでしょう。
でもなりふりかまわずやりました。
それでも、1問を聞き漏らしましたが。

「成功をつかむ条件」
歴史に残る名著です。
ありがとうございました!
2012/01/31(火) 07:15:33 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
None
None were delayed.だと思います。
NothingではNo flightsの意味になりません。
2012/01/31(火) 20:52:35 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
グッピーさん、
グッピーさん、TBR(Terry’s TOEIC Talk)をお聴きいただきまして本当にありがとうございました、感謝しています。

今回から問題の再構築が公式に禁止されたので、今までのように明確なお答えを提供することはできませんが、放送の目的はただひとつ。
TOEICを通じて受験者のみなさんの英語学習に対するモチベーションを高め、みなさんそれぞれが持っている目標に対して前進するためのお手伝いをしたい、ということです。

またそのうちTOEICを受験されましたら、是非、放送の方をお聴きいただけると嬉しいです。
コメントいただきまして本当にありがとうございます、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
TOEICおつかれさまでした、コメントに感謝しています!
2012/02/01(水) 00:18:57 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
スタバ太郎さん、
スタバ太郎さん、北海道出張本当におつかれさまでした。
急なことで、本当、大変でしたね。
お仕事大変だったと思いますが、その分東京では味わうことのできない経験を色々とできたのではないかと思っています。

『TOEIC TEST 成功をつかむ条件』をお読みいただきまして本当にありがたいです。
この本がスタバ太郎さんのやる気に火をつけるきっかけになっているのであれば幸いです。
TOEICはおっしゃる通り、確かにマラソンですね。
簡単には効果・結果は出ませんし、愚直に毎日休まず、コツコツを勉強を続けた者だけが欲しかったものを手に入れることができます。
同じテキストを何回も繰り返して使うことの有効性は、スタバ太郎さんは知り尽くしていらっしゃるので、是非、その要領で今年は990点を目指してがんばって欲しいと思います。

こちらこそいつもお気遣いいただけて、本当、感謝です、またご連絡させていただきますね。
本年も昨年に引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします!
2012/02/01(水) 00:19:38 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
スタバ太郎さん、
スタバ太郎さん、そうです、スタディグループは韓国では盛んなようです。

実際にイクフン語学院やYBMのスタディグループを見てきましたが、大学生~社会人を中心に4~5人くらいで黙々と勉強をしていました。
キム・デギュンの本にあるように、みな真剣そのもので、部屋全体が良い意味での緊張感に包まれていました(基本的に、英語学校の中にスタディグループがあり、みな自主的に集まって一緒に勉強しているようです)。

お互い弱点を補強するために教えあうときに得られる気づきや、同時に同じ問題に取り組むときに生じるライバル心の芽生えなど、スタディグループの生み出す恩恵はかなり大きいと感じました。
キム・デギュン先生もしきりに日本でのスタディグループの形成を勧めてくださっていたので、機会を作って開催できれば面白いな、と思います。
2012/02/01(水) 00:20:10 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、こちらこそ毎回TBRをお聴きいただきまして本当にありがとうございます。
感謝しています。

TOEIC運営委員会からのお達しを守り、問題の再構築を避けるようにしましたので、場合によっては今までと違って歯切れの良くない場面が多々あったかと思います。

ぬり恵さんは今回リスニングはほぼ完璧にできたとのこと、本当に良かったですね。
リーディングは今回の問題でしたら2問ミスまでは満点が出るかもしれないという感触です、過度の期待は禁物ですが、希望は充分にあると僕は思います。
2月の発表を楽しみに待ちましょう。

『TOEIC TEST 成功をつかむ条件』 をお褒めいただけて本当、ありがたい限りです。
キム・デギュン先生の新境地と言いますか、知られざるキム・デギュン先生のすべてを盛り込んだ意欲策です。
一人でも多くの方に手にしていただければと思っています、そしてスコアアップとその向こうにある希望をかなえるきっかけとなることを願っています。

別のハンドルネームの方で、戸育さんのような温かいフォローをしてくださっている人がいました。
確信は持てませんでしたが、一言いただけてとてもありがたかったことを覚えています(ハンドルネームの中に数字をお使いになられていませんか)。

引き続きお互い精進していきましょう、僕も負けないように“当たり前のレベル”を引き上げたいと思います。
いつも温かいお言葉をいただきありがとうございます、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!
2012/02/01(水) 00:20:48 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、 
戸育ぬり恵さん、ありがとうございます。

帰宅後すぐに徹底的に文法書を調べましたが、基本、TBRでお話したことが原則としては間違っていなかったので良かったです。

ぬり恵さんのお墨付きなので更に安心しました。
フォローいただきまして本当にありがとうございます。
感謝しています。
2012/02/01(水) 00:23:50 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
我慢できずに
福井に帰って教材を持ってくるまで待てなくなってしまい、2冊の本を購入してしまい、今日手元に届きました。

1冊目はイ・イクフン著「極めろ!TOEIC TESTに出る究極の場キャブラリー1000」
まさか漫画が出てくるとは。。。w 

2冊目はユ・スヨン著「コロケーション1000問ドリル」です。

ぼちぼち始めたいと思います。肝心の試験日をいつにしようかすごく悩みます。思い切って3月というのも良いかなと思ったり。

勉強はあまり続かないので、短期間集中で仕上げたいです。
2012/02/01(水) 21:34:02 | URL | スタバ太郎 #-[ 編集]
おめでとうございます
HUMMERさん、こんにちは。

発刊おめでとうございます。

ごぶたさしておりますが、久しぶりに
ブログ拝見させて頂きましたが、
多方面でご活躍されていて、とても
素晴らしいです。

TOEICスコアの目標達成後どうされる
のか気になっていましたが、続けてゆく
ことで拡がってゆくものですね、夢が
あると思います。

私も見習ってがんばります。

また、ご一緒できる機会があったら
“夢”について語り合いましょう。

ちょっとクサイですね…
2012/02/03(金) 10:51:11 | URL | ハマちゃん #-[ 編集]
恐縮です。
私から見ると
HUMMERさんは
「Part 7の神様」
のような存在です。

HUMMERさんが公開テストで
何度も達成している
「Reading Section
全問正解」なんて

「特技=読み飛ばし」
である私からしたら、
まさに「夢」のようです。

そんなHUMMERさんから
「ぬり恵さんのお墨付き」なんて
言われると、困ってしまいます。
(なんとか頑張ります)

さて、またも質問です。

日本で出版されている問題集は
8割ぐらいやってしまったので、
韓国の問題集に少し関心があります。

ECONOMY 1
ECONOMY 3
ECONOMY 4
ECONOMY 5
イイクフンンの黄金本

これらをHUMMERさんはお持ちですか?
そうでしたらその感想と、
最も簡単な購入方法を
教えていただけませんか?

ANDYさんのブログで読みましたが
韓国本はコストパフォーマンスは
いいが、誤植が多いらしいですね。
やっぱりそうでしょうか?

いろいろ聞いてしまってすみません。
2012/02/03(金) 12:21:39 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
HUMMERさん、こんにちは。
本は1月のTOEIC受験後に購入し、一気に読みました。とてもインスパイヤ-されました!キム氏と私の共通点がありました。夜12時に寝て、5時に起きるということです(笑)。でも起きている間の時間の使い方が違います(汗)。先ほどAmazonにレビューを書きました。

1月末まで、大変忙しく残業、休日出勤が続きましたが、試験を受けられたのは幸せでした。HUMMERさんの昨年4月の記事「リスニングで満点を獲るための戦略~解答時の基本~」はボロボロになりましたので、再度プリントアウトしたものを会場で試験前に読みました。心が落ち着きました。

キム氏の本、HUMMERさんのブログを参考に3月、5月に臨みたいと思っています。よろしくお願いいたします。
2012/02/04(土) 13:09:42 | URL | だじゃれ #dJntzMa.[ 編集]
韓国本のリスニングについて
初めまして。TOEICはまだ数回の経験です。最近になってイフクン本など韓国本に興味や関心を持ち始めました。「成功をつかむ条件」も読み、ますますやる気がわいてきています。TOEICの問題集を探して購入することも楽しんでいますが、教えていただきたいことがあります。いくつかのレヴューで、韓国本のリスニングは総じて速い、とのコメントを見ます。HUMMERさんがご存知の、それほど速すぎない、実際のTOEICの本番の速さと変わらない韓国本のリスニング問題集があれば教えてください。視聴して購入することができないので、悩んでいます。問題量が多いのが魅力なのでぜひ買い求めたいのですが。また、もう一つ伺いたいのは、韓国では速い英語を聞き取ることで、リスニング力を強化するというような、速いのが良いと信じられている傾向があるのでしょうか。教えてください。
2012/02/04(土) 21:35:15 | URL | みりん #mQop/nM.[ 編集]
名古屋セミナー
名古屋で前田先生の模試セミナー受講しました。
(2回目です)模試は、Part 7は1問ミスでしたが、
他での取りこぼしが多く、全体で9問ミスでした。
たぶん「950点」ぐらいのレベルです。
まだまだです。

前田先生とお話させていただく中で
「TOEICは、やさしいですからね」と
あっさり言われました。
自分の意識の低さを痛感しました。

※「明日HUMMERさんに会う予定です」
と前田先生がおっしゃっていましたよ。
何のイベントですか?また教えてください。
2012/02/04(土) 23:05:59 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
韓国本購入方法
書き忘れましたが、

私のブログを読んでいただいた
DIOさんから韓国本購入方法について
丁寧なアドバイスいただきました。

でも、手続きが大変みたいだし、
自分で韓国まで買いに行こうかな
と思ったりしています。
2012/02/05(日) 08:58:31 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
代理店
ご紹介、ありがとうございます。

どうしても価格は高くなりますね。
いろいろ考えてみます。
2012/02/05(日) 12:50:56 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/06(月) 16:37:41 | | #[ 編集]
遅ればせながら、入手いたしました。自分で自分に甘くなっている部分(怠けている部分、楽している部分)をまるで私に直接呼びかけていただいているようにびしっと指摘されて、正直、痛くて怖い本でした。

ようやく高い山のふもとまでは歩いて来たものの、上を見たらこれから登る山の高さにおそれおののいているという感じです。
最初は「短期決戦で結果を出す」なんて勘違いをしていましたが、今は一歩一歩丁寧に登って行きたいと思っています。
その度に大事に読み直して行きたいと思います。
ありがとうございました。
2012/02/06(月) 23:01:00 | URL | ゆき #u6tsDkHg[ 編集]
スタバ太郎さん、
スタバ太郎さん、お仕事おつかれさまです!

2冊のTOEIC本を購入されたのですね、そして両方ともボキャブラリーの本ですね。
すでにスタバ太郎さんは900点以上の水準の実力をお持ちなので、あとはTOEICに対してのカンを戻すことだけではないでしょうか。

短期集中で仕上げるという考え方、良いですね、3月18日が試験日なので、あと約1か月強。
3月に受験するにせよ、その後の5月に受けるにせよ、スタバ太郎さんが納得できる形で是非進めてください。
カンを戻す、という面において、模試を日頃からやり慣れておくことが必要です。
何でも良いので、良質の問題が詰まった模試を毎日半セットだけでも良いのでやれると良いですよ。

お仕事がかなりお忙しいと思うのですが、そんな中でもこうして“やるぞ”という意志表明をされたこと、素晴らしいですね。

またご連絡させていただきます、気合いの入ったコメント、本当にありがとうございます!
感謝しています。
2012/02/08(水) 23:10:34 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
ハマちゃん、
ハマちゃん、お久しぶりです!
驚きました、元気にしていらっしゃいますか?
3年前に、横浜で一緒に焼き鳥を食べて以来ではないでしょうか。

TOEICはずっと続けています。
当時はTOEICに関係ない仕事をやっていましたが、今はTOEIC関連の仕事をやれるようになったので、今までの経験から得たものを学習者のみなさんにすべて還元するぞ、という心意気で仕事をやっています。

こちらこそ、またTOEIC関連のイベントなどでお目にかかれればと思っています。
その日を楽しみにしています、またこれからもお時間が許しましたらコメント、ご連絡いただければ幸いです。

久しぶりのコメントに感激しました、またお待ちしています、ありがとうございます!
2012/02/08(水) 23:11:09 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、コメント本当にありがとうございます!

“日本で出版されている問題集は8割ぐらいやってしまった”のですね、凄い!
驚異的です。
韓国模試ですが、『Economy 1~4』と『イクフン黄金本』はすべて一昨年~昨年にかけてやりました(どの本も3~7周やりました)。
ご存知かとは思いますが、『Economy 2』は『TOEICテスト本番攻略10回模試』としてリスニング・リーディング別に翻訳出版されています(解説本は翻訳出版されていません)。
また、『イクフン黄金本』も、1200問・6セットの模試のうちの1セットが『厳選ドリル』として、すでに日本でも発売されています。
誤植は確かに散見されますが、使っていて困ったことはほとんどありません。
もちろんこの2種類とも質は高く、まさに本番さながらの問題を解くことができますよ。
現在は『トマト TOEIC FINISH 1000』を使っていますが、5周目を終え次『Economy 5』に入る予定です。

韓国への模試の注文方法ですが、この方(菅原 浩さん)の説明している方法が特にわかりやすくてお勧めです。

『韓流TOEIC本の注文法 YES24の場合』
http://foreignlanguages.blog29.fc2.com/blog-entry-102.html

注文に手間取りそうでしたら、日本にある書店に輸入代理をお願いするのも一つの手です。
お金と届くまでの時間はかかりますが、すべて日本語で、メール1本で注文することができます。
以前よく使っていたのは、東京の水道橋にあります『高麗書林』さんです。

『高麗書林』
http://www.komabook.co.jp/

以上、こんな感じですがよろしいでしょうか。
また何かありましたらコメントいただければ幸いです、僕もしっかりと日々TOEICの問題を解き、研究し続けます。
今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします、コメントに心から感謝しています。
2012/02/08(水) 23:12:13 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
だじゃれさん、
だじゃれさん、この度はレビューをアマゾンに書いていただきまして、本当にありがとうございます!
感謝です。
だじゃれさんのように確かな英語力があり、なおかつ英語関連の学習書に対しての造詣が深い方にあのようなレビューをいただけたこと、感無量です。
言葉だけでは感謝の気持ちを伝え切れません、でもありがとうございます、と言わせてください。

現段階で、ベストを尽くして編集したと、胸を張って言えますし、キム・デギュン先生の意志をしっかりと反映させ、なおかつ最新の英文や語句を盛り込んで作り上げたつもりです。
これからTOEICの勉強をがんばろうとしている人たち、そしてすでにがんばっている学習者のためになる良い本を、これからも作っていきたいと思います。

1月は激務だったのですね、その最中でもTOEICを受験できたことが幸せだったと言えるだじゃれさんの幸福度は間違いなく確かなものであると言えると思います。
過去のブログ記事も、少しでも参考になったのであれば幸いです。
良い結果が戻ってくると良いですね。

温かいコメント、そしてレビュー、本当にありがとうございます。心から感謝しています。
今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします!
2012/02/08(水) 23:12:50 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
みりんさん、
みりんさん、初コメントいただきまして本当にありがとうございます。
『成功をつかむ条件』 もお読みいただけて大変ありがたいです。

韓国本のリスニング音声の速さですが、確かに公式問題集の音声と比較すると速くなっているのは確かです、特にイクフンの黄金本のリスニングはかなり速いと思います。
実際のTOEICのリスニングと同程度の問題集・模試は、残念ながら僕の知っている限りではありません。
あえてお勧めを挙げるのであれば、『TOEIC Finish Actual Test』ですね。
この本の音声は、それほど速すぎるという感じがしませんでした。
イクフン、Economyのシリーズと比較すると、スピードの観点だけで言えば間違いなく遅めかなと思います。

もう一つのご質問に対してですが、速い英語を聞き取ることでリスニング力を強化するという考え方は実際にあるようです。
TOEICの対策としては音声そのものを速くするよりも、設問や選択肢の合間のポーズ時間を短くし、先読みする時間や考える時間を短くすることによる訓練をキム・デギュン先生は勧めています。

以上、こんな感じですが、ご質問に対してのお答えになりましたでしょうか。
また何かありましたら、いつでもコメントいただければと思います。
遠慮なさらずに、今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/02/08(水) 23:13:24 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、RS模試セミナー3おつかれさまでした、僕も東京開催の方に参加してきました。
リーディングですが、PART 5~6は全問正解しましたが、PART 7で2問、ミス、ぬり恵さんに負けました。
全力で解き、時間は5分残しでしたので、公開テストをやっているときの手ごたえとほぼ同じような感じでした。
前田先生とお会いする予定というのはこのことです、RS模試セミナーには3回ともすべて参加しました。

>>前田先生とお話させていただく中で 「TOEICは、やさしいですからね」と あっさり言われました。 自分の意識の低さを痛感しました。

この部分は僕も同じです。
意識がまだまだ低いため、200問全問正解ができていないのだと思います。
是非、お互い心の底から“TOEICはやさしいですからね”と言えるようになれるレベルになりましょう!
もっとも、僕の場合は30回連続で、毎回50分残しくらいで990点を獲り続けられるまでは言わないかもしれませんが。
2012/02/08(水) 23:14:27 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、代理店にお願いすると高くなりますし、届くのも遅いです。
ですが手続きだけは一番簡単なので、すぐに必要ではなく、なおかつ韓国模試にだったら多少のお金をかけても良い、という人にはお勧めです。
ご自身にとってベストな方法をチョイスされてみてくださいね。
2012/02/08(水) 23:15:01 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
Aさん、
Aさん、この文言最高です!

>> TOEICは「博士の愛した数式」のように美しい幾何級数のような構築物なのですね。

桜の芽のほころぶ頃、ですね、承知いたしました。
と言いますか、是非、いらっしゃってください。
2つの大切な証書、拝見することを楽しみにしています。
池袋のカフェは、基本的には“カフェ・ド・クリエ”になりますがよろしいでしょうか。
(偶然レジで神崎正哉先生と遭遇したこともあります)

2月19日、英検1級の2次試験がんばってください。
あと約10日間、全力で、そして風邪などひかぬようお気をつけて。
2012/02/08(水) 23:15:46 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
ゆきさん、
ゆきさん、コメントいただきまして本当にありがとうございます。
『成功をつかむ条件』を手にしていただけて嬉しい限りです。

>>自分で自分に甘くなっている部分(怠けている部分、楽している部分)をまるで私に直接呼びかけていただいているように、びしっと指摘されて、正直、痛くて怖い本でした。

いえいえ、そう素直にとらえることができる人は、間違いなく伸びますし結果も出せますよ。
「短期決戦で結果を出す」 という考え方も、基本的には正しいと思います。
もちろんご自身の状況と目標など様々な要素がありますので一概には言えませんが、一歩一歩丁寧に登っていくという気持ちでトレーニングを続けていくこと、正解だと思います。
こちらこそ、このような温かく、真剣味が溢れる言葉をいただき感謝の極みです。
ぜひ、がんばってトレーニングを続けていってください、そしてその努力が結果に変わる日を楽しみにしましょう。

また是非、今後もコメントなどいただければ幸いです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします、感謝しています。
2012/02/08(水) 23:16:17 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
(戸育ぬり恵さん、申し訳ありません、コメントを一つ投稿し忘れましたので順番が前後しましたことをお許しください)

DIOさん、素晴らしいですね。
自分の持っている知識を惜しみなく与え、与えられた相手が喜ぶことが嬉しいタイプの方なんです。

韓国まで買いに行くのは大変ですが、個人的にはそれもアリだと思っています。
僕の場合は会社の営業の人がたまたま韓国に行くというので、韓国での発売日当日に新刊の模試を買ってきてもらったこともありますよ。

ただしかなり重いので、それなりのお返しをしないといけませんね。
2012/02/08(水) 23:21:07 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
BEYOND 990
HUMMERさん:

東京の模試セミナーお疲れ様でした。
今年の模試演習数が
本日でやっと1万問に到達しました。

でも、全体の正解率は97%を切っており、
特に、Part 4, Part 7 に至っては
正解率が96%を切っています。

満点を出すには、
ふだんの模試演習において、
平均99%の正解率を
マークする必要があります。

前田先生のコメントで
「990点しか出ない実力」
という表現がありますね。

何度TOEICを受験しても、
「990点」以外のスコアは
出ないし、出るはずがない。

「TOEICの測定可能値」を
完全に上回ってしまったレベルです。

HUMMERさんがそう思っていらっしゃるように
その域まで、到達したいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。
2012/02/08(水) 23:26:52 | URL | 戸育ぬり恵 #-[ 編集]
思考の過程について
HUMMERさん、こんばんわ。

今週のイクフン先生のメルマガ、素晴らしいですね。

実は、自分も思考の過程というものに前々から興味を持ってまして、990取得後(予定ですけど)に、何らかの場で、問題をといていく詳細な過程を公開したいと考えておりました。

でも、HUMMERさんに先にやられてしまいました。ガーン。

しかも、今回の態の問題は、ほぼ解き方が同じです。(多分正解者は、まず同じ思考過程を経ているとは思いますが。間違いなく、文法特急を何周もしている方は同じでしょう)

自分の場合は、②と③の間で、ぱっと全文を見る。そして、時制マーカーをチェックして、あきらかに、現在、過去を明らかにしめすようなものはない。すなわち時制の問題ではない、だから態の問題である、という保険的判断をおきましたが、正解にいたるまでの過程と時間(秒数)はおおむね同じでした。

これのPart7版をいつか、よろしくお願いいたします。
artilceであれば、本社はどこ?、出てくる人物(二人)の関係は? 設立して何年?(勤続して何年?) 最近ないしは過去に何をした? この人の役職は? どこで今働いている(どこにいる)? 何をしたがっている等々、注目するセンテンス、キーワード、何に注意して読むか。(should、would like to)
それらを体系化して公開いただきたいところです。(ある程度、自分でも徐々にそのあたりは、形として体系化できているのですが、上級者の思考回路をもっと知りたいです。)

又、『TOEIC TEST 成功をつかむ条件』の増刷、おめでとうございます!
売れなきゃ、嘘だ、と思っておりましたので、自分も増刷が決定したことは、嬉しいです。

P.S.
気になったこと。
“最新のゴツいTOEIC本”とは?
遂にヨウンシガンも日本上陸ですかね?
HUMMERさん解説で、思考過程説明つきで、出版いただけるとマニア的には最高です。

2012/02/09(木) 00:20:01 | URL | DIO #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/12(日) 00:11:39 | | #[ 編集]
成功をつかむ条件
Hummerさん、
先日はお世話になりました。 
遅くなりましたが仕事と学習の合間を縫って、本書2週しました。
他の皆さんがコメントされているとおり、これまでなかったTOEIC本であり、他に類を見ない濃密な内容に感嘆しました。
TOEIC学習者のみならず英語学習者の多くの皆さんに新たな気付きと発見を与えてくれたのではないでしょうか?
個人的にはHummerさんのTOEICに対する熱い想いはもちろん、編集者としての”仕事”に対する姿勢に見習うべきところをヒシヒシと感じました。 幸い、英語学習の継続に気持ちが折れる事は現在ありませんが今後折りに触れ読み返したい一冊になる事は間違いありません。 
2012/02/13(月) 19:00:24 | URL | 甘太郎かんたろう #-[ 編集]
戸育ぬり恵さん、
戸育ぬり恵さん、1万問達成、凄い勢いです、素晴らしいですね!
全体の正解率が95%以上とれているのですから、ピンポイントでそれらの問題だけを徹底的に復習すれば万全ではないでしょうか。
僕もの場合ですが初見の模試の正解率はだいたい95~99%であり、100%になることは滅多にありません。

>>前田先生のコメントで 「990点しか出ない実力」 という表現がありますね。
何度TOEICを受験しても、 「990点」以外のスコアは 出ないし、出るはずがない。

“普通にやれば、いつでも990点しか出ない”レベルですね、僕もその水準に到達できればと日夜考えているのですが、現状は“全力で問題と対峙”しないと990点を出せる自信はまだありません。
まだまだTOEIC測定可能値のレンジの中にいるのは間違いありませんので、引き続き精進あるのみです。
年間10万問のペースで突き進まれるぬり恵さんを目標に、僕もつかず・離れずでやっていければと思います。

今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします、やる気の出るコメントに毎回心から感謝しています。
2012/02/14(火) 23:10:01 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
DIOさん、
DIOさん、メルマガへの感想をいただきまして本当にありがとうございます!

昨年末以来、はじめてTOEICを受験する方をはじめ、初級~中級者の方々にとって参考になるようなものを提供していきたい、という気持ちが強まってきたんです。
今回“問題を解く際の思考の過程”をPART 5の問題を使って書かせていただいたのですが、DIOさんをはじめ、かなり反響をいただけたので今後もできるだけ披露していければと思っています。

>>しかも、今回の態の問題は、ほぼ解き方が同じです。(多分正解者は、まず同じ思考過程を経ているとは思いますが。間違いなく、文法特急を何周もしている方は同じでしょう)
自分の場合は、②と③の間で、ぱっと全文を見る。そして、時制マーカーをチェックして、あきらかに、現在、過去を明らかにしめすようなものはない。すなわち時制の問題ではない、だから態の問題である、という保険的判断をおきましたが、正解にいたるまでの過程と時間(秒数)はおおむね同じでした。
これのPart7版をいつか、よろしくお願いいたします。

このDIOさんの見解にもありますように、やはり基本は同じなんですよね。
TOEICの参考書にも解き方は詳細に紹介されていますが、あらためて“自分の型”を確認することにより、書籍に書いてあること以上のお役立ち情報が提供できるのかもしれないと思うんです。
PART 7の解き方に関しては、何か披露できる方法があれば良いのですが、メルマガというスタイルではパッセージをうまく掲載することが難しいですね(ちなみ講師として活動する際は、PART 7をみっちり指導する、ということがほとんどです)。

DIOさんが2012年、見事990点を獲得し、後進のためにご自身のやってきたことを披露する機会を持つことを楽しみにしています。
ここまで情熱がある方はなかなかいらっしゃらないですからね。

いつもこちらがやる気にさせられるアツいメッセージに心から感謝しています。
今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします、ありがとうございます!
2012/02/14(火) 23:10:36 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
Eさん、
Eさん、メッセージありがとうございます、了解いたしました、

英検1級、がんばってください!
そしてその日が来ましたらお祝いしましょう。

こちらこそ今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします、やる気の出るお返事に感謝しています。
2012/02/14(火) 23:11:05 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
甘太郎さん、
甘太郎さん、先日のTerry’s TOEIC Talkでは本当にお世話になりました。
謙虚な姿勢で放送に参加されていらっしゃったのが印象的です。
『TOEIC TEST 成功をつかむ条件』をお読みいただきまして、本当ありがとうございます。
感謝しています。

>>他の皆さんがコメントされているとおり、これまでなかったTOEIC本であり、他に類を見ない濃密な内容に感嘆しました。TOEIC学習者のみならず英語学習者の多くの皆さんに新たな気付きと発見を与えてくれたのではないでしょうか?個人的にはHummerさんのTOEICに対する熱い想いはもちろん、編集者としての”仕事”に対する姿勢に見習うべきところをヒシヒシと感じました。幸い、英語学習の継続に気持ちが折れる事は現在ありませんが今後折りに触れ読み返したい一冊になる事は間違いありません。

甘太郎さん、最上級の賛辞をいただき光栄です、感激です!
TEX加藤さんの“一問入魂”同様に、自分が好きでやっていること、そうでもないこと、仕方なくやること……色々なパターンってありますよね。
好きでやる以上、使命がある以上、1mmの手抜きもできないですし、手にしてくださる学習者の方がいる以上、絶対に何としてでも役に立つものを世に送り出したいのです。

甘太郎さんのコメントのような声があるので、これからもがんばっていけるのです。
またTerry’s TOEIC Talkでお会いできることを楽しみにしています。
ブログに記事を書き始めたら教えてくださいね、すぐに拝読させていただこうと思います!
2012/02/14(火) 23:11:40 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/23(木) 21:54:50 | | #[ 編集]
こんにちは!
TOEIC学習ブログを運営しているせーちゃんです。

こちらの書籍を購入しました!
内容にとても惹かれたので^^
成功を掴む条件は、人によって様々でありますが、実際に成功した人の意見を参考にするのは自分の中でも大切であると思っています。
いろいろな意見を参考にして、自分独自のやりかたをみつけることができたら、と思っております^^
2012/02/24(金) 13:37:24 | URL | せーちゃん #-[ 編集]
Kさん、
Kさん、コメントいただきまして本当にありがとうございます!

早速中身の濃い、気持ちが伝わってくる内容の記事を書かれていらっしゃいますね、素晴らしいと思います。

K先生から直接アドバイスをいただけるというありがたい環境に感謝しつつ、これからも楽しみながらスコアアップと英語力の向上を図っていけると良いですね。

こちらこそこれからもよろしくお願いいたします、いろいろとお世話になると思います。
2012/02/26(日) 19:25:37 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
せーちゃん、
せーちゃん、コメントいただきましてありがとうございます、感謝しています。

新しくブログを始めたのですね、これからTOEICをがんばっていこうとしている人たちのためになるものになると良いですね。

人のために何かできるということが、その人の存在価値になるんじゃないかな、と僕はいつも考えています。

ときどき拝読させていただきますね、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
2012/02/26(日) 19:30:17 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/07(水) 10:19:52 | | #[ 編集]
Gさん、
Gさん、コメントいただきまして本当にありがとうございます。

英検1級合格、そして教員免許状の取得という大目標の達成、素晴らしい限りです。

メールさせていただきましたので宜しくお願いいたします、素敵なご報告、僕も最高に嬉しいです。

後進の励みにもなりますね。

ここまでの道のりは決して短くは無かったと思います。

今後よりいっそうのGさんのご活躍を楽しみにしています、ご報告していただいたこと、感謝です。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
2012/03/13(火) 20:21:08 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
169回TOEIC BLITS RADIO
Hummerさんへ

解説ありがとうございました。

いろいろと大変でしたね。\(^o^)/
2012/03/18(日) 21:09:04 | URL | グッピー #SFo5/nok[ 編集]
グッピーさん、
グッピーさん、コメントいただきまして本当にありがとうございます、感謝です。

>>解説ありがとうございました。
いろいろと大変でしたね。\(^o^)/

はい、ありがとうございます!
いろいろ大変でしたが、今後の放送は大丈夫だと思います。
きちんとルールの中で、貴重な時間を割いて聴取してくださるTOEIC学習仲間のみなさんのためになる放送を、Terryさんをはじめとする仲間と共に提供していけるよう努力します。

グッピーさんも、応援していますのでこれからもがんばってくださいね。
今後も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします、また是非いらしてください。
2012/03/19(月) 21:59:03 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
音声ファイルダウンロード
些細なことですが、音声ファイルはH080_part5_6以降の順番がずれてませんか?
2012/06/10(日) 12:26:29 | URL | KKK #-[ 編集]
KKKさん、
KKKさん、コメントいただきまして本当にありがとうございます。

確かに番号がひとつ飛んでいますね、早速修正をお願いできるように連絡を取りました。
近日中に、完璧なナンバリングのされた音声ファイルがアップされるかと思います。
また何かありましたら、こうしてご報告いただければ幸いです。

全然些細なことだとは思いませんし、むしろ別に学習に困らないようなレベルのことでもこうしてお知らせいただけることが大変ありがたいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします、ご報告に心から感謝いたします。
2012/06/11(月) 19:17:33 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
音声ファイルダウンロード(2)
わざわざ更新して頂き、ありがとうございました。少し先に進んだので追加します。細切れになって、何度もすいません。

以下の音声は本と異なります。ひとつ前のファイルが重複してます。

J058_part5_6
J061
J064
J070
J073
J079
J082
J085
J088
J091
J093
J096
J099
2012/06/12(火) 20:31:02 | URL | KKK #-[ 編集]
KKKさん、
KKKさん、お返事が大変遅くなりまして申し訳ありません。

そして、ていねいにお知らせくださったこと、本当にありがたい限りです。
感謝しております。

遅くなりましたが、無事に音声の置き換えが終わったとの連絡を先ほどいただきました。
また何かありましたら、お伝えいただけると助かります。

この本に収録されている単語やフレーズは、韓国の最新の問題傾向を反映しています。
是非、すべて完璧にマスターし、大いにスコアアップにつながることを願っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします、本当にありがとうございます。
2012/06/19(火) 20:09:47 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
音声ファイルダウンロード(3)
修正いただき、ありがとうございました。遅くなりましたが、ようやく音声ファイルを1周しました。もう1点、細かなミスマッチを発見しましたので、お知らせします。

218ページの問139は「does't」が「not」になってます。次のページの正解と音声は正しいです。
2012/06/23(土) 20:37:35 | URL | KKK #-[ 編集]
KKKさん、
KKKさん、毎回本当にありがたいです、おっしゃるとおりのようですね。

正解と音声が正しいようで良かったです、内容は以前も申し上げましたとおり、最新の韓国でのTOEIC公開テストで出題されたものばかりです。
じっくりと何周も何週も使っていただき、すべての表現をマスターするレベルまでくれば相当な力がつくと確信しています。

また何かありましたらご一報いただければ幸いです、引き続きTOEICの勉強をがんばってください。
KKKさんが良い結果を出されることを、望むスコアを取ることができることを願っております。
2012/06/25(月) 21:28:29 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する