TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
From January to July 2012








































TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。
お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

コメント
この記事へのコメント
充実されてそうですね!
花田先生の講義
ヒロ前田先生とJay先生の実力養成講座のセミナー
ヒロ前田先生と神崎先生の講義
大西泰斗先生の講義

やはり東京は興味深いイベント目白押しですね!
東京に住みたい!
2012/07/15(日) 01:36:29 | URL | ツウクン #PR6.u/TU[ 編集]
おめでとうございます!
HUMMERさん、こんにちは。

TOEIC990点おめでとうございますi-189
イベントもたくさんありお忙しいと思いますが、体調に気をつけて充実した毎日を重ねていきましょうi-205
2012/07/18(水) 05:59:35 | URL | こはる #-[ 編集]
ツウクン、
ツウクン、いつもありがとうございます。

東京は確かにイベントが多いですね。
特にTOEICの先生方のイベントは、東京に集中している感があります。
僕にあり余る財力があれば、日本全国を縦断するTOEICのイベントを開催したいですが、実際にはそういうわけにもいかなくて(苦笑)。

実際に現場で先生と、そして学習仲間と一緒に交流できるのは大きなインパクトがありますよね?
僕も一つ一つのイベントを、よりいっそう大切にしていかなければと思います。
やるからには特別なものにしたいですね、極端な話、ずっと思い出に残るようなものにしたいんです。

学習を続けてさえいれば、いつかきっとその日は、またみんなで一緒に学習する日が来ると思います。
その日までお互いこれからもしっかりとやっていきましょう。
今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
2012/07/18(水) 19:42:02 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
こはるさん、
こはるさん、コメント本当にありがとうございます。

はい、大切なイベントが今後も多々あると思います。
こはるさんのおっしゃるように健康第一で、そして一回一回のイベントを大切にしていこうと思います。
しかしコメントされた時刻、かなり早いですね、早朝ですよ。

こはるさんも金子先生の翻訳教室、がんばってください。
受講した感想の記事を楽しみにしています。
今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
2012/07/18(水) 19:42:37 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/28(土) 06:27:10 | | #[ 編集]
Kさん、
Kさん、金子先生の翻訳教室に参加した感想をご報告いただきまして本当にありがとうございます。

すぐに金子先生にKさんから報告があったことをお伝えしたところ、先生大変喜んでいらっしゃいましたよ。(Facebookでつながりがあるのです)。
そうですね、こはるさんのおっしゃるように金子先生の英語に対する真摯な姿勢は、Facebookでの記事からも日々ダイレクトに伝わってきます。

あれだけ凄い方なのに今でも謙虚に英語の道を探求し続けていこうという姿勢から、僕も大いに学ばせていただいています。
Kさんも講座で学んだことをきっかけに、さらに今後の人生につなげていけるようにがんばってくださいね。

素敵なご報告に感謝しています、今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
2012/07/30(月) 19:03:22 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/13(月) 13:36:58 | | #[ 編集]
TOEIC Part7の速読練習の方法についてアドバイスいただけないでしょうか
HUMMERさん

こんにちは。

TOEIC Part7の速読練習の方法についてアドバイスいただけないでしょうか。

公式問題集Vol.5を購入して、Part7を50分の時間制限で解いてみました。

テスト① 48問中24問正解。
ダブルパッセージは、20問全く時間がなくできませんでした。

テスト② 48問中30問正解。
ダブルパッセージはやはり時間がなく、20問全くできずに時間が来てしまいました。

その後、時間を計らずに残りの問題を解いてみました。

テスト①&②共に、48問中41問の正解でした。

Part7はじっくり、ゆっくり読み込まないと問題を解くことができません。
いつもTOEICを受験すると時間がなく、最後20問くらい残してしまいます。
(20問くらいは塗り絵で無理やり終わらせたことにしています。)
公式テストのスコアはリーディングが大体300点前後しか取れません。
(リスニングは450-460点くらいです。)

HUMMERさんはPart7対策のために普段どのように勉強していらっしゃいますか。
アドバイスいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
2012/08/13(月) 17:18:40 | URL | Panda #-[ 編集]
Kさん、
Kさん、ご報告本当にありがとうございます。

念願の900点突破、本当におめでとうございます!
Kさんがここまで日々真摯に、そして地道に努力を続けてこられたことを知っていますので、こうして長いプラトーを超えて結果を無事に出されたことを心底嬉しく思います。
しかもリスニングは満点ですね。
今後Kさんがどのような道を進んでいくのかを、楽しみに見守らせていただきます。

Kさんの900点突破によって、また一人、努力が結果につながることを証明した人が誕生しましたね。
本当におめでとうございます、またお会いできることを楽しみにしています。
2012/08/14(火) 18:47:50 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
Pandaさん、
Pandaさん、ご質問いただきましてありがとうございます。
現状のスコアやPart 7に取り組んだ場合の状況を書いていただいているのでお答えしやすいです。
ありがとうございます。

>>時間を計らずに残りの問題を解いてみました。
テスト①&②共に、48問中41問の正解でした。

時間のプレッシャーが無い状況で90%上の正解率が出せるわけですから、読解に必要な語彙や文法力は最低限備わっていると感じます。
まず、この段階を乗り越えるためには、豊富な演習量が必要です。
50分でWP(ダブルパッセージ)をすべて残してしまうということは、SPの28問で、1問平均2分も使ってしまっていることになりますよね。
普段僕がどのようにPart 7対策の勉強をしてきたかですが、最低でも模試を1セットは毎日やる、ということです。
それが難しければ、1日リスニングかリーディングのどちらか100問は解くようにしてきました。
900点以上を目指すのであれば、最低限このくらいはやってみてください。
速読の練習ですが、まずは自分が自信を持ってすべて理解でき、全速力で全英文を読むことができる問題集・模試を1冊つくることです。
『TOEIC TEST 新公式問題集 Vol. 5』をお持ちなのですから、まずはTEST 1のPart 7を再度読み、意味のわからない表現をなくした上で48問を全力で1日1回解くということをやってみてください。
同じ英文を何回も読み、“こういう話はここに大事なことが出てくる”という一定のスタイルを自分のデータベースに叩き込むのです。
そして、その際大切なのは“覚えよう”としないことです。
覚えようとするのではなく、回数をこなすことにより“自然に覚える”のです。
それと、英文を速く読めるだけでは足りません。
速く英文を読み、同時に問題をどのように処理していくかという“自分の型”を作る必要があります。
僕はリーディングパートではPart 7を最も得意としていますが、それは自分の型を確立したからだと考えています。

(自分の型の例)
*SP(問題番号177~180、アーティクル・4つの段落で構成)、4問問題あり、3問目(179)がNOT問題の場合
①177の設問のみ読む
②本文を上から読んでいき、正解の根拠だと思える部分が登場したら177の選択肢×4つを読む。
その場合、選択肢(B)が確実に正解だと思えた場合には、選択肢(C)と(D)は読まずに178の設問に進む。
また、アーティクルやEメールなどのように段落がハッキリしている英文は、基本的には1段落分は読みきるつもりで読み進める。
③178の設問のみ読む(選択肢は読まない)
④177の正解の根拠が書いてあった次の英文からきちんと読み進めていき、178の正解の根拠だと思える部分が出てきたら選択肢を読む。
⑤②同様、正解の選択肢を選べたら次の問題へ。
⑥179はNOT問題。NOT問題は設問+選択肢のすべてを読んでから本文に戻る。
⑦選択肢4つのうち3つについては本文に必ず書かれているため、3つの選択肢に該当する部分を本文に見つけた時点で終了、残った1つの選択肢をマークして180へ。

上記①~⑦を繰り返し、200まで解答します。
大切なことは、上記のことを“無意識に”できるようになるまで演習を積むことです。
同じ本を使い、同じ問題を何周もする意義はそこにあります。
内容がわかっているからこそ、自分の型をつくる訓練が徹底的にできるのです。
僕も公式Vol. 5は10周やりました。
すべての問題の解答根拠を瞬時に説明できるまでやり尽くしてください、その過程で自分自身のPart 7の解答の型をまずは作り上げてください。

じっくり、ゆっくりと読んで解けるのは当然、もうすでにそのレベルにPandaさんはいらっしゃるのです。
次はご自身の型作りです。
そして、そのために必要なのは“必死さ”です。
簡単な方法はありませんが、着実な方法はあります。
あと、『英語屋直伝メソッドでめざせ200点UP! TOEICテスト弱点完全克服リーディング』という、Part 7対策の良い本が最近出ましたので、是非お買い上げいただいて徹底的に学び・実践されることもお勧めします。

以上、簡単ではありますがご質問にお答えさせていただきました。
また何かありましたらコメントいただければ幸いです。
Pandaさん、ご質問ありがとうございます、今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
がんばってください!
2012/08/14(火) 18:48:36 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する