TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン英会話の教科書
オンライン英会話の教科書オンライン英会話の教科書
(2013/08/24)
嬉野 克也

商品詳細を見る

出版社で編集者としての仕事をさせていただくようになり4年。
TOEICをはじめ語学関連の本は、出版社や編集者からの依頼によって著者が執筆するケースがほとんど、ほぼ100%に近いです。
実際、コスモピアさんや朝日新聞出版社さん、昨年から仕事をさせていただいている中経出版さん、そして旺文社さんから僕が出させていただいた本は、すべて編集者さん、出版社さんからの依頼をいただいて書いたものばかりです。

まだ4年しか編集者としての仕事はしていませんが、この4年間で語学関連の持ち込みの企画が社内の企画会議を通過したのを一度たりとも見たことがありません。
出版社や編集者が出したいと考える企画と、著者が出したいと考えている企画には、隔たりがあることが多いからなのでしょう。

今年編集に携わった本の一例
留学しないでネイティブ英語を身につける方法留学しないでネイティブ英語を身につける方法
(2013/07/26)
有子山 博美

商品詳細を見る

CD&DVD付 ソニー創業者 盛田昭夫が英語で世界に伝えたことCD&DVD付 ソニー創業者 盛田昭夫が英語で世界に伝えたこと
(2013/07/20)
不明

商品詳細を見る

英語で読む 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本英語で読む 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本
(2013/02/16)
池上 彰

商品詳細を見る

僕は幸運でした、今まで書かせていただいた本のすべてにおいて、限られた紙面の中で存分に思いを伝えさせていただくことができたからです。

人を幸せにするために、自分のやりたいことができる。
あり得ないくらいの幸運は、ひとえに僕を支えてくださっている多くの仲間のおかげだと、今でも日々心の底から感謝をしています。

僕が「この人に本を書いていただいて、その本によって多くの人たちを幸せにしてほしい」と考える人たちが何人かいます。
そのうちの一人が、Katsuyaさんでした。

彼のブログは以前から拝見させていただいていましたが、一度レアジョブの本社でプレゼンを見たときに予想をはるかに超える衝撃・心の底から感銘を受けてしまったのです。

何より感じ入ったのは、彼の人柄でした。
誰が何と言おうと、僕は論理では動きません。
「こういう人のこんな本を絶対に世に出したい」という込み上げてくる感情が自然と溢れ出てこないのであれば、僕は絶対に良しとすることはできない、それでもKatsuyaさんの英語学習者を支援したいという情熱は否応なく僕を突き動かしました。

数日後、国際語学社の編集者さんや営業の方たちと打ち合わせを兼ねて池袋で食事をしたとき、Katsuyaさんの本を出版したいという僕の切実な思いを、たまたまやり取りをしていたある編集者の方にお伝えしたのです。

あとはあっという間でした。
本物を見抜く力に長けているベストセラー編集者は、すぐに企画を会社に提出、ほどなくしてKatsuyaさんは執筆活動に邁進することとなりました。

きっかけとなったブログの記事の秀逸さは言うまでもありませんが、出来上がった本を読んで驚嘆。
わかりやすく見やすいレイアウト、そして精製され濃度の高まった内容にため息が漏れ、魂が震えました。

この本に対する著者の思いは、以下のURLにまとめられています、是非ご覧ください。
レアジョブをはじめとするオンライン英会話に挑戦しようと考えている方、すでに利用してはいるがもう少し上手に使いこなすためのヒントが欲しい方、きっと欲しい情報がこの本の中にあるはずです。
オンライン英会話の教科書 話せるようになるための、英語学習法を立ち上げよう。

Katsuyaさんあらため嬉野克也さんのこの本を通じて、多くの英語学習者の方々が一人でも多く幸せになることを心から期待しています。
今後も「この人がこういう本を出版できれば、それを手に取ってくださった人たちが幸せになるはず」と思えるような出会いがあったならば、その時は全身全霊、全力で応援できる自分であり続けたいと思います。

“確実にスコアアップできる” TOEIC 教材チャート』はこちらです。
TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。
お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

コメント
この記事へのコメント
=^-^=
"誰が何と言おうと、僕は論理では動きません。"
そんなHUMMERさんが大好きです。僕が女性なら惚れちゃいます!やはり人間は感情や情熱が伴ったときに最大限の能力を発揮しますよね。
2013/08/25(日) 09:44:33 | URL | TOSHIAKI #-[ 編集]
TOSHIAKIさん、」
TOSHIAKIさん、いつも本当にありがとうございます。
そうおっしゃっていただけて嬉しい限りです。

人は人なので、やっぱりこう、何と言いますか、気持ちで動くもの。
絶えず前向きに充実感を持って生きるには、そういう方向に自分を向けていかなければならないと思っています。

これからもよろしくお願いいたします、出来る限りのことをやれる毎日にしていきましょう。
2013/08/29(木) 12:59:35 | URL | HUMMER #5t.59oF6[ 編集]
オンライン英会話の教科書!
こういう本が出ないかなーと思っていたところです!

オンライン英会話というサービスが、導入期を過ぎて成長期に入っており、市場もそれなりに大きくなってきているのに、いまだにオンライン英会話をする人たちのための書籍が出ないのはなぜだろう?と思ってました。

本屋さんでチェックしてきます!

あと、僕も人柄重視派です(・∀・)b
2013/08/30(金) 18:15:48 | URL | ツウクン #PR6.u/TU[ 編集]
ツウクン、
ツウクン、いつも本当にありがとうございます。

嬉野さんのこの本、これからオンライン英会話を始めようとしている方・すでに始めていらっしゃる方にとって確実に役に立つ内容が易しく・わかりやすく書かれています。
ツウクンのご感想、お時間があるときで結構なのでうかがってみたいです。

僕はこれからも、自分の直感を信じ、信じることのできる人の書く本を世の中に出す仕事を続けていこうと思っています。

ツウクンにも、以前出版に関しては多大なご協力をいただき大変感謝しています。

これからもよろしくお願いいたします、温かいコメントに心から感謝しています。
2013/09/01(日) 02:31:19 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。