TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
ALTERNATIVE


清涼院流水さん主催の、英語部の勉強会に参加させていただきました。
流水さんのアツい講義、TOEICに対する思い、そこから得た気づき。

僕がこうしてブログにTOEICに関することだけを綴り始めてもうすぐ6年。
その間僕は、たくさんのことを手に入れ、同時に多くの大切なことを失ってきたような気がします。
素晴らしい仲間、人付き合いにも恵まれ、仕事も生活も大きく変容した。
その一方で、何かこう、僕が本質的に求めようとしてきたこと・求めていることの半分くらいが、何か他のものにすり替わってしまった。

これは変えなければいけない、自分で何かを・どこかを変えていかなければいけない。
そんなやり場のない思いにとらわれた中での、流水さんの勉強会への参加でした。

勉強会から4日後。
旺文社さんでのイベントで、流水さん夫妻とご一緒させていただく機会をいただきました。
会が終了した後、飯田橋で3時間。
流水さんと2人でお互いの持っている思いを交換し合いました。
今まで誰にも・どこにも出したことの無い自分の本質が、流水さんによって引き出されました。

今後は自分が注力したいこと・注力すべきことに今まで以上に大きなウェイトをかけ、自分の本音により一層正直に生きていくことにします。
僕が勉強を始めた頃に思い描いていたことに、もっと近づくことができるように。

そして、そのために必要なことは、浅く広くたくさんの人と付き合うという生き方ではなく、狭く深く・心底付き合いたいと思う人たちと魂のレベルで交流していこうとすること。
この失いかけていた大切な思いのうちの一つを、流水さんとの対話で思い出したのです。

流水さんの勉強会の日、懇親会も終わったその後。
特に何の約束もしていなかったのですが、何となく周りにいた5人のメンバーたちと、流れで2次会に行きました。
Oさん、Mさん、Hさん、そしてTさん。
全員、僕と前田先生でやっている『TOEICテスト 究極のゼミ合宿』に参加経験のある人たちでした。
要は、こういうことなんだなあ、と。

つながることが目的のつながりなんて必要ない、本当にお互いを必要であるならば、自然と会う機会は生成される。
それが年に1回でも2回でもあれば、十分素晴らしいことなんだ。
その1日ですら確保するのが難しい人生になっているけれども、そういう仲間と会う日まで、また会うその日までずっと、相手に対して恥ずかしくない生き方をしていくこと。
それが日々生きていく際の張りになるのだと信じてやっていこうと思います。

“確実にスコアアップできる” TOEIC 教材チャート』はこちらです。
TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。
お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

コメント
この記事へのコメント
HUMMERさん、
こんにちは。

あの勉強会の後に、参加者の方が書かれたブログの記事がどれも感動的で、あの勉強会の素晴らしさを改めて再認識しているところです。

HUMMERさんのこの記事も、何となくまだHUMMERさんが一学習者として、頂上を目指してもがきながら書いていた頃の匂いというか、熱いものを感じました。

私自身も、TOEICがきっかけで知り合った人の輪が広がって行くに連れ、また色んな知識が増えるに連れて、自分の中で薄まってしまってきている部分があるなあと、流水さんのピュアなTOEICとの向き合い方をみて思い返しています。

あの勉強会の事は、しばらく経ったら、また、語り合いたくなりそうです。

では。
2013/09/01(日) 09:44:24 | URL | OJiM #z8Ev11P6[ 編集]
はじまりはこのブログ
私も何か大事なものを忘れつつありました。私がHUMMER師匠に魅かれたのは、このブログを通して感じた“情熱”と“親切さ”です。初めてこのブログにコメントを残し、本当に返事が来るかどうかドキドキワクワクしていた時のことを今日の記事を読んで思い出しました。コメントの返信は遥かに想定を上回るものでした。あの時の私は、つながるために、この人に出会うためになんか思っていませんでした。ただただ目の前の記事に感動し感化され、コメントを書いていました。そして必要なタイミングに最善の出会いがあたかも用意されていたかのように自然な形でやってきました。

>つながることが目的のつながりなんて必要ない。
>本当にお互いを必要であるならば、自然と会う機会は生成される。
>そういう仲間と会う日まで、また会うその日までずっと、相手に対して恥ずかしくない生き方をしていくこと。


本当に上記の通りだと思います。全力で全精力で情熱的に生きていれば、自然と“その時”は来るでしょう。
そういう意味で、昨日再会できたことは幸運でした。心より感謝申し上げます。

2013/09/01(日) 22:29:37 | URL | k2 #-[ 編集]
OJiM監督、
OJiM監督、こちらこそ先日は高密度な時間をご一緒することができて大変嬉しく思います。
本当にありがとうございます。

監督のおっしゃる通り、あの頃のひたむきさとか、一本芯の通った思い。
今一度、今の僕が手にしてきたものと引き換えに失ってしまったのかどうかを確かめたい。
そういう気持ちにさせられた、今回の流水さんとの勉強会でした。
有限の人生なのだから、本当はやるべきこと・やりたいことがもっともっとたくさんあるのだから、これを機に方向性の見直しを図り、即・実行することにしました。

帰りにあのメンバーで、気のおけないあのメンバーで心置きなく話すことができて本当に良かったです、ありがとうございます。
ああいうのが僕のいるべき場所なんだと再認識しました。

監督、またよろしくお願いいたします。
感謝の気持ちでいっぱいです。
2013/09/04(水) 02:39:36 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
k2さん、
k2さん、こちらこそ先日は大変お世話になりました。
どうもありがとね。

k2さん、Team Terakoya、そして筑波大大学院生の彼。
ああいう、k2さんたちの持っている未来への抱負、あくなき挑戦を続けようとする姿勢。
僕は凄くパワーをいただきました、夢中になれるものがあるって本当に良いよね。
真剣に、真摯に一意専心で何かをやろうとしている人・やっている人には引力が生じます。
それを3人からたくさん感じました、そしてまだまだ負けられないとも思いました。

また会いましょう。
それまでにきっと、更なる分かち合いたい経験がみんなには蓄積されているでしょう。
楽しみです、僕もしっかりやっていきます。
2013/09/04(水) 02:40:19 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
敬愛するHUMMERさんのこの記事を読んだらコメントせずには居られませんでした。

かの茨城の空の下で、HUMMERさんに初めてご挨拶をしてから、いつか必ず酒を酌み交わしたいと願っておりました。

仕事の都合上、学習会等にもほとんど参加できませんが、試行錯誤の独学にこそ学びの真髄があると考えております。

一杯飲みに行くその日まで、毎日日々成長し続けることをお約束いたします。

益々のご活躍を念願しております。

陰ながら応援させていただきます。



2013/09/05(木) 20:37:42 | URL | ゆうゆえもん #-[ 編集]
ふむ。
なるほど。
私も受験と大学生活が落ち着くと、濱崎さんと同じ心境になるだろうなぁとこの記事を見て思いましたのでコメントしています。

確かに、全力を尽くしているから極められることってありますね。私も自分を省みること、他人を思いやる余裕もちょっと割き、交流もせずにいるから、仕事をしながらこれだけ英語力をあげられたのだろうなーと思います。いろんなことを犠牲にしてきました。自分の大切にしている感受性とかね。そういうことも自覚しつつ、私はこの生活を選んでいます。脇目もふらず勉強する今の時期がなければ、国連職員という目標も達成できませんしね。

でも、いつか十代のときに自分の内面をひたすら見つめつづけた生活をしたい、そして家族や大切な人を大切にする時間も作りたいなと思っています。

濱崎さん、自分の心の声のとおりにやってみてください。
2013/09/06(金) 22:31:32 | URL | 花 #-[ 編集]
貼ってあるユーチューブを見て、またまたコメントをしたくなりました。

みんなどこを見ているんですかね。その場を楽しむことなく、みんなスクリーンの中だけを見ている。むなしいですね。特に人と交流しているときのスマホは糞ですねw

私もいろいろ考え、自分を省みながらアラサーになっていこう!と思いました。
2013/09/06(金) 22:38:39 | URL | 花 #-[ 編集]
ゆうゆえもんさん、
ゆうゆえもんさん、お久しぶりです。
コメントいただきまして本当にありがとうございます、感謝いたします。

あの『TOEICテスト 究極のゼミ合宿 其の壱』で初めてお目にかかって以来、あっという間に1年が経とうとしていますね。
本当に早いものです、今日まであっという間に感じます。

試行錯誤の独学、それをどれだけ丹念に時間をかけて行うか。
僕も同感です、習得するコツは、この試行錯誤の中で掴みとるものだと僕も固く信じています。
そして、その掴み取ったものを自分の中で育むために時間をかける。
この繰り返し・継続だと信じています。

いつも記事を興味深く、楽しく拝読させていただいています。
圧倒的な努力、信念を感じる記事に、毎回感心させられます。

必ずいつか、近い将来に一杯飲みに行きましょう。
2013/09/09(月) 01:07:26 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
花さん、
花さん、はじめまして、コメントいただきまして本当にありがとうございます。
感謝いたします。

ご自身が決めた道を、ご自身が決めたやり方で進めるのであれば、それがベストの選択なのかもしれません。

今回の記事で「多くの大切なことを失ってきたような気がします」と書きました。
僕が「失ってきたような気がすること」は、ブログ以外のSNSをやめることにより、短期間であっという間に取り戻すことができつつあると実感しています。

花さんも、ご自身が選んだ生活の中で、ご自身が納得できるような人生を歩まれてくださいね。

あらためまして、コメントに心から感謝いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2013/09/09(月) 01:08:16 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
花さん、
花さん、再びコメントいただきましてありがとうございます。
この動画は、僕自身へのリマインダーでもあります。

人と人が向き合う場面では、一対一、たとえそこに何人の人がいたとしても、僕は一対一で向き合う。
それが礼儀であり、時と場所を共有するということは、そういうことなのだと思います。
心が重なる付き合い方を、大切な人たちとしていきたいですね。

たびたびのコメントに心から感謝いたします。
2013/09/09(月) 01:09:57 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
人に振り回されてはいけない。勉強は孤独との闘い。
HUMMERさん

何度かお会いしましたが、ブログへの書き込みははじめてになりますね。私は技術系会社員で、HUMMERさん、流水さんとは職業がまったく違いますが、価値観は近いと勝手に思っています。お互いに家族と仕事と自分の時間を大切にして、それぞれの目標へ向かって頑張っていきましょう。

P.S.
私も流水さんの勉強会と週末のの合宿を機に、明らかにSNSとの付き合い方が変わりました。完全にはやめていませんが、タイトルに書いたことを守っていくつもりです。
2013/09/09(月) 21:10:40 | URL | ひでちゃん #-[ 編集]
ひでちゃん、
ひでちゃん、コメントいただきまして本当にありがとうございます。
また、先日は池袋リブロさんでのイベントにご参加いただきまして本当にありがとうございました。
感謝しています、とてもありがたいことです。

ご自身のやりたいようにやり、それが自分はもちろん、誰にとっても意義のあることであるならば、その方向性を堅持すべきです。
良いと思います。
そして、その方がきっと、良いことがあると思います。
能動的な人生を送っていきましょう。

あらためまして、コメントに心から感謝いたします。
今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
2013/09/11(水) 21:12:27 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する