TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
愛すべき人たちとのひととき
2013-12-23 171404

僕が2008年に立ち上げた「英語学習者会議」を、その後は @ToeicTommy1 さんが 引き継いで開催してくださっています。
今年は安河内哲也先生、晴山陽一先生、神崎正哉先生、花田徹也先生、横川綾子先生、渋谷奈津子先生、清涼院流水先生、そしてヒロ前田先生が、ゲストとして参加してくださいました。

人生は、信じられないくらいうれしいことや楽しいことがあったり、逆にどうしようもないくらいやるせないことが起きたりするものです。
そういうときに、感動に共感してくれたり、耐えきれない苦しさや悲しさに打ちひしがれている状況を支えてくれたりする仲間がいること。
そういう人たちがいるからこそ喜びは数倍、数十倍になり、人生を終わりにしたいくらいキツいと思うときでも何とか生きていけるよう持ちこたえられる。
一緒にがんばっている生徒たちや、今日お会いすることのできたすばらしい人たち。
真摯に自分を信じてやり続けていけば、そういう愛すべき人たちの人生の役に立てることもあるのだな、と、あらためて認識することのできた素敵な会でした。

“確実にスコアアップできる” TOEIC 教材チャート』はこちらです。
TOEIC学習関連備忘録』をつけはじめました。
自分の学習メモに過ぎませんが、少しでもどなたかのお役立てればと思います。
この備忘録は、随時更新していく予定です。
お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

コメント
この記事へのコメント
いつも応援しています。
先日、駅前で御見かけしました。きっと明海大学での講義の後だと思います。(すきま時間ながら)Toeicを勉強している者としては、オーラを感じ視線が引き付けられました。
その時に「全力特急」を手に持っていれば、サインをもらいたい位でした。
いい年の親父ですが(笑)
さて、本HPより「確実にスコアアップできる” TOEIC 教材チャート」をいつも見ているのですが、HUMMERさん自身の著書/監修の本が入っていません。良書を書かれているので入れても良いのではないでしょうか?
ご自身のお人柄もあり、ご謙遜、お考えもあるのでしょうが、これはと思うものは記載されても良いように思います。
これからも、ご活躍、御身体/心の健康をお祈りします。
---
PS.地元の者としては明海大で講義&IPテスト受けたいですね。(Twitterでの応援、受講している生徒の方がうらやましいです。)

2013/12/29(日) 07:32:54 | URL | ごうちゃん #mQop/nM.[ 編集]
明けましておめでとうございます!
HUMMERさんどうぞ今年もよろしくお願いいたします!

昨年の末のHUMMERさんの凄すぎる解説に大きなショックを受けました。

なんとなく意味からこの選択肢…(笑)

の私の未熟さを痛感、いや脳天をぶん殴られたようなショックでした。

一歩でも近づきたい!の想いを胸に…

これからも全力で!勉強します!

多忙なHUMMERさんなので、返信コメント不要です。(笑)
2014/01/01(水) 17:01:10 | URL | ゆうゆえもん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/01(水) 21:53:57 | | #[ 編集]
あけましておめでとうございます。
大人になってから英語を再学習し始める人は多いですがTOEICで900超えて英語を使う仕事に転職とかを実現できる方はごく少数です。たいていは僕のように中級で止まってしまうのがお約束ですね。その違いは元来の記憶力の良さや集中力の高さかもしれません。でも英語学習は登山と同じで各個人が学習の過程を楽しめるものです。エベレストに挑戦する人もいれば奈良の若草山で大満足の人もいます。学習を継続する過程で得た友人たちとの関係は素晴らしいものですね=^-^=
2014/01/06(月) 10:44:36 | URL | TOSHIAKI #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/11(土) 21:50:29 | | #[ 編集]
いつも
いつも参考にさせていただいてます!
これからも頑張ってください!
2014/01/16(木) 17:53:58 | URL | 沈黙先生 #-[ 編集]
ゆうゆえもんさん、
ゆうゆえもんさん、コメントいただきまして本当にありがとうございます。
そして、流水さんの英語部でも大変お世話になっております。

僕はゆうゆえもんさんの立ち居振る舞い、そして周りの人たちへの心遣いに、ことあるごとに感銘を受けています。
英語部の打ち上げ会場でも、居酒屋の店員さんに対してしょっちゅう
「ありがとうございます」
「ご苦労様です」
って言っていますよね。
僕はああいうのがとても良いな、と思うんです。
これからもこちらこそ見習わせてください、スコアはコツコツ続けていけば、いずれ必ず手に入りますよ。

では、あらためまして今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2014/01/31(金) 00:43:54 | URL | HUMMER #-[ 編集]
教材製作者さん、
教材製作者さん、メッセージいただきまして本当にありがとうございます。

企画の持ち込みを見ることは、大変恐縮ですが個人としては行っておりません(申し訳ありません)。
なので、もし自信のある企画があるようでしたら、直接出版社に連絡をしていただくることをご提案いたします。
正直、持ち込みの企画が出版されることは滅多にないというのが現実です。
書籍編集者としてはまだ5年目にすぎないキャリアですが、一度も持ち込みの企画が通るのを見たことがありません。
僕自身の著書も、すべて出版社側からのご依頼をきっかけに出版されたものばかりです。
ですが、それでもあきらめきれない、絶対に世の人の役に立つはずだという気持ちがあるようでしたら、チャレンジしてみると良いと思います。
お力になれず大変恐縮ですが、そこのところご了承いただければ幸いです。
2014/01/31(金) 00:58:05 | URL | HUMMER #-[ 編集]
TOSHIAKIさん、
TOSHIAKIさん、いつも大変お世話になっております、本当にありがとうございます。

TOEICをきっかけに大きく飛躍されたTOSHIAKIさんですが、今年もさらなるステップ・アップが確定しましたね。
本当、最高に嬉しいです、感慨深いです。
そしておっしゃることすべてに真心がこもっていますね、いつも心底から共感してしまいます。

そろそろいっそうお忙しくなると思いますが、どうぞ健康第一で、そして目の前の人を大切にする人生でいきたいものですね。

では、今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
2014/01/31(金) 01:03:04 | URL | HUMMER #-[ 編集]
Hさん、
Hさん、こちらこそ本当にありがとうございます。

お会いできて本当に良かったです、TOEICを心から愛している仲間たちとの会は最高だったと思います。
そして『新TOEICテスト 990点攻略』をお使いいただいていることにも心底感謝いたします。
IPテストの結果、900点超えているといいですね、どうだったでしょうか。

こちらこそこれからもよろしくお願いいたします、真剣に取り組む素晴らしき仲間と共に、これからも歩んでいきましょう。
2014/01/31(金) 01:06:28 | URL | HUMMER #-[ 編集]
沈黙先生、
沈黙先生、コメントいただきまして本当にありがとうございます、感謝しています。

当ブログが少しでも沈黙先生の参考になっているのであれば幸いです。
お読みいただいていることにも重ねて感謝いたします。

では、今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします、明日も良い日になりますように。
2014/01/31(金) 01:09:46 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
ごうちゃん、
ごうちゃん、コメントいただきまして本当にありがとうございます、感謝です。
お返事の順番が前後してしまい大変恐縮です、申し訳ありません。

>>先日、駅前で御見かけしました。きっと明海大学での講義の後だと思います。(すきま時間ながら)Toeicを勉強している者としては、オーラを感じ視線が引き付けられました。
その時に「全力特急」を手に持っていれば、サインをもらいたい位でした。
いい年の親父ですが(笑)

新浦安駅でしょうか。
また次回見かけることがありましたら、是非、お声掛け下さいね。
アトレにはスタバがありますし、駅前にはコメダもありますので。

自分の本にはもちろん精魂込めていますので、どの本にも一切の言い訳や後悔はありません。
本当にTOEICが好きで、TOEICを頑張っている人たちの人生を変えるんだ、絶対にあきらめさせない、絶対に、という思いで書いています。
自分の本について言えることは以上です。

僕も可能であれば明海でIPを毎回受験したいくらいなのですが、残念ながらオープンのものではないので生徒たちの応援をするのみです。

では、またよろしくお願いいたします、コメントに心から感謝いたします。
2014/01/31(金) 01:25:21 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する