TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
第192回 TOEIC公開テスト 2014年7月27日(日)
20140726 - 2
*「TOEICテスト 究極のゼミ合宿 其の八」の授業風景

今回の試験会場は目白大学でした。
絶え間無く公開テストを受け続けていると、日本の四季を感慨深く味わうことができるのだな、と、道すがら感じました。
真夏の暑さですが、晴天の中会場に向かうことができるのは大変ありがたいことです。

試験後は清涼院流水さん率いる英語部のメンバーとディスカッション、受験した問題のフォームは4KIC20でした。
約25分残しで200問の解答を終了、その時はここ数回の公開テストと比較すると標準的な難易度かと感じていたのですが、なかなかどうして、そうでもなかったようです。
990点満点を取得済みのメンバー数名を含む精鋭のみなさんとの意見交換後にもミスは見つかりませんでしたが、リスニングセクション、特にPart 2とPart 4の難易度がやや高めだったというのが個人的な感想です。

TOEIC公開テストを毎回受験し続けていますが、どの回をとっても簡単だった、楽勝だった、と言えるような回は一度もありませんでした。
きっと今後もずっとそうなのだろうな、と思います。
それでも、毎回受験し続け、毎回ベストを尽くすという姿勢で臨むことが、僕の教えている学生たち、社会人の方々、そして本の読者への礼儀であり、最新の傾向を把握して充実した講義を展開するための最良の方法だと信じています。

次回の公開テストは9月28日です。
長いようであっという間の二カ月、今日から日々ベストを尽くしていきましょう。




*試験当日のTweetのRTやお気に入り、本当にありがとうございます、感謝です。

“確実にスコアアップできる” TOEIC 教材チャート』はこちらです。
お時間がありましたら、以下のブログランキングのバナーを押していただけると励みになります、宜しくお願いいたしします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する