TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第4回)



「限定したければ前に置け」
(以下はNHKの復習サイトより)

He is very busy.
彼はとても忙しい。

英語には「前から限定」という法則があります。上の例文でも、忙しさの程度を「とても(very)」と限定していますね。

We hardly know each other.「私たちはほとんど知り合いではありません」
この例文のhardlyは、knowの程度を「ほとんど」と限定しています。hardly, noなど、否定内容を表す言葉は前から限定する働きがあり、それゆえ限定するものの前に置かれる、ということ、わかりましたか?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック