TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第7回)



「英語は配置が勝負!」
(以下はNHKの復習サイトより)

redという単語の品詞は何でしょう?正解は、「わからない」です。

Red is the color of power.
赤は権力の色(名詞)

The skirt is red.
そのスカートは赤い(形容詞)

The logs were burning red.
その丸太は赤く燃えていた(副詞)

redがどんな働きをするかは、文のどの位置に置かれているかで決まるんです。
今回は、こんなふうに、-ing、動名詞、to不定詞などが、文のどこに「配置」されているかで意味合いを決めるということを、例文と共に見ていきましょう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。