TOEICを通じて、心の底から喜びあえるような体験をここに来てくださるみなさんと分かち合いたいです。そして今という時を大切にしていきたいです。「人生は、今の連続でできている」のだから。
新3か月トピック英会話 出張!ハートで感じる英語塾(第11回)



「とき表現」
(以下はNHKの復習サイトより)

I've drunk too much already.
(飲みに誘われた時に)もう飲みすぎているんだよ。

日本語には、「遠い過去」「近い将来」という表現があります。実は英語でも、"distant past" "near future"のように、時間の隔たりを物理的な距離で表現します。今週学ぶ原則は「ときは距離」。過去形、現在完了形など様々な「とき表現」は、そこに込められた距離の感覚をつかめばよーくわかるようになります。

例文は、現在完了形です。現在完了形には、過去から現在へ、何かが迫ってくるようなダイナミックな動きが込められています。たっぷり飲んで酔っぱらって、そして今も酔いが残っている、という、今へ迫る感覚があるから、「今も酔っぱらっていて、とても飲みにいけない」というニュアンスが出るんです。

ちなみに、
"I drank too much already."
と過去形を使うと、現在から遠く離れた地点を見ている感覚なので、「以前たくさん飲みました」ということはいえても、今の誘いを断る感じと滑らかにはつながらないのです。

このほか現在進行形など、「とき表現」の様々な感覚をしっかりマスターします。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック